F1、ヴィルヌーブはBARホンダに残留

2000.07.27 自動車ニュース
000727_048.gif

F1、ヴィルヌーブはBARホンダに残留(7/27)

F1 BARホンダチームのエースドライバー、ジャック・ヴィルヌーブが、同チームとの契約を3年間延長することが正式に発表された。

1997年にウイリアムズルノーでワールドチャンピオンを獲得したヴィルヌーブ。BARに移籍した1999年は無得点、ホンダワークスエンジンを得た今シーズンにおいても最高位4位と、優勝からしばらく遠ざかっており、来季はベネトン(2002年からルノーワークスチーム)やマクラーレンへの移籍が噂されていた。

大物ドライバー、ヴィルヌーブのBAR残留が確定した今、来季に向けたシート争いはいよいよ本格化しそうである。まずベネトンチームは、ジャガーとの交渉が噂されている現ドライバー、ジャンカルロ・フィジケラに残留を求め、そのチームメイトに現在ウィリアムズBMWを駆る20歳の新人ジェンソン・バトンを組み入れるのではないかと見られている。バトンのいなくなったウィリアムズには、米CARTシリーズの昨年のチャンピオン、ファン・パブロ・モントーヤが入る可能性がある。

BARホンダでヴィルヌーブと組むチームメイトは今のところ発表されていないが、マクラーレンでテストドライバーをつとめるオリビエ・パニスの名前があがっている模様だ。(有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。