トヨタ、生産1億台記念車「オリジン」を11月発売

2000.07.31 自動車ニュース
000731_054.gif

トヨタ、生産1億台記念車「オリジン」を11月発売(7/31)

トヨタ自動車は、国内生産累計1億台達成のメモリアルカー「オリジン」を、11月1日より限定発売する。

「オリジン」は、初代クラウンをモチーフにした、プログレベースのFRセダン。昨年の東京モーターショーに展示され、賛否両論、話題になった。最高級車センチュリーの生産ラインに携わる選りすぐりのクラフトマンによって作る、「“匠の技”と最新自動車技術との融合」(トヨタ)。いわば、トヨタが長年にわたって培ってきた「技」の伝承である。

観音開きのドア、大型のフロントグリル、縦長のリアコンビネーションランプなどにより、初代クラウンのイメージを再現した。ボディサイズは全長×全幅×全高=4560×1745×1455mmと若干プログレより大きめ。ホイールベースは、ベース車と同じ2780mmだ。

パワーユニットは3リッター直6BEAMS「2JZ-GE」エンジン。電子制御4段ATが組み合わさる。

高級車らしく、安全装備は充実。前席SRSエアバッグ、SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグ、ABS、トラクションコントロール、ブレーキアシストはもちろん、横すべりを防止するVSC(Vehicle Stability Control)などの車両安定性制御システムが標準装備される。

約1000台の限定販売。価格は、700.0万円。初代クラウンをレストアしてもオツリがくる(写真は昨年の東京モーターショーから)。(有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。