トヨタ、「ランクル」に新開発直噴エンジン採用

2000.08.02 自動車ニュース
 
 
000802_003.gif

トヨタ、「ランクル」に新開発直噴エンジン採用(8/2)

トヨタ自動車は、「ランドクルーザープラド」を一部改良し、7月31日より発売した。

「ハイラックスサーフ」同様、改良の眼目は3リッターコモンレール式直噴ディーゼルターボエンジン「1KD-FTV(D4-D)」の搭載だ。出力/トルク/燃費を向上させており、最高出力は170ps、最大トルクは35.9kgm。新燃焼法「UNIBUS」により、ディーゼル特有の振動、騒音の大幅な低減が図られたという。なお、マニュアル車および車両重量2020kg以上のオートマチック車は、平成17年ディーゼル新燃費基準を達成している。

そのほか、エンジンイモビライザーを全車に標準装備した。ボディ色には、シャンパンマイカメタリックが加わった。価格は、266.0〜361.0万円。(有吉)

トヨタ自動車「ランドクルーザープラド」サイト:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/
All_toyota_lineup/LandCruiserPrado/index.html

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランドクルーザーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開 2017.4.7 自動車ニュース スバルは2017年4月7日、米国・ニューヨークで開催されるニューヨーク国際オートショー(開催期間:4月12日~23日)で、2018年型の「スバル・アウトバック」(米国仕様車)を公開すると発表した。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る