トヨタ、「ランクル」に新開発直噴エンジン採用

2000.08.02 自動車ニュース
 
 
000802_003.gif

トヨタ、「ランクル」に新開発直噴エンジン採用(8/2)

トヨタ自動車は、「ランドクルーザープラド」を一部改良し、7月31日より発売した。

「ハイラックスサーフ」同様、改良の眼目は3リッターコモンレール式直噴ディーゼルターボエンジン「1KD-FTV(D4-D)」の搭載だ。出力/トルク/燃費を向上させており、最高出力は170ps、最大トルクは35.9kgm。新燃焼法「UNIBUS」により、ディーゼル特有の振動、騒音の大幅な低減が図られたという。なお、マニュアル車および車両重量2020kg以上のオートマチック車は、平成17年ディーゼル新燃費基準を達成している。

そのほか、エンジンイモビライザーを全車に標準装備した。ボディ色には、シャンパンマイカメタリックが加わった。価格は、266.0〜361.0万円。(有吉)

トヨタ自動車「ランドクルーザープラド」サイト:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/
All_toyota_lineup/LandCruiserPrado/index.html

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランドクルーザーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る