トヨタ、「ランクル」に新開発直噴エンジン採用

2000.08.02 自動車ニュース
 
 
000802_003.gif

トヨタ、「ランクル」に新開発直噴エンジン採用(8/2)

トヨタ自動車は、「ランドクルーザープラド」を一部改良し、7月31日より発売した。

「ハイラックスサーフ」同様、改良の眼目は3リッターコモンレール式直噴ディーゼルターボエンジン「1KD-FTV(D4-D)」の搭載だ。出力/トルク/燃費を向上させており、最高出力は170ps、最大トルクは35.9kgm。新燃焼法「UNIBUS」により、ディーゼル特有の振動、騒音の大幅な低減が図られたという。なお、マニュアル車および車両重量2020kg以上のオートマチック車は、平成17年ディーゼル新燃費基準を達成している。

そのほか、エンジンイモビライザーを全車に標準装備した。ボディ色には、シャンパンマイカメタリックが加わった。価格は、266.0〜361.0万円。(有吉)

トヨタ自動車「ランドクルーザープラド」サイト:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/
All_toyota_lineup/LandCruiserPrado/index.html

 
 

関連キーワード:
ランドクルーザートヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【レビュー】 2017.11.6 試乗記 トヨタの本格オフローダー「ランドクルーザープラド」がマイナーチェンジ。ただしその変化は、モデルライフ半ばの化粧直しだけにあらず。試乗してみると、走りにもランクルらしい改良の成果が表れていた。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • 一時代を築いたビッグネームが帰ってくる!
    「トヨタRAV4」の“来し方行く末”
    2018.4.18 デイリーコラム 2018年のニューヨークショーで初披露された5代目「トヨタRAV4」。クロスオーバーSUVブームを起こした初代から、ついに日本未発売となった現行型までの、栄枯盛衰の歴史を探るとともに、新型の持つ魅力について考えた。
  • 第494回:新型「スバル・フォレスター」がデビュー!
    ニューヨークショーで見た、率直な感想は?
    2018.4.7 エディターから一言 ニューヨーク国際自動車ショーで、いよいよ世界初公開された新型「スバル・フォレスター」。日米問わず根強いファンを持つスバルの最量販モデルは、果たしてどのような進化を遂げたのか? モーターショーの会場から“ファーストインプレッション”をお届けする。
  • トヨタ86 GR(FR/6MT)【試乗記】 2018.4.5 試乗記 モータースポーツで培ったノウハウを生かし、足まわりやシャシーに特別なチューニングが施された「トヨタ86 GR」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、このモデルならではの“ピュアな味”に驚かされることになった。
ホームへ戻る