トヨタ、「ヴィッツ」シリーズを一部改良

2000.08.08 自動車ニュース
 
 
000808_011.gif

トヨタ、「ヴィッツ」シリーズを一部改良(8/8)

トヨタ自動車は、ヴィッツを中心とする、いわゆる「NBC(ニューベーシックカー)」、「ヴィッツ」「プラッツ」「ファンカーゴ」「WiLL Vi」に、限定車種設定や一部改良を施し、8月3日より発売した。秋の商戦をにらんでのテコ入れが目的だ。

「ヴィッツ」には、カスタマイズ専門会社トヨタモデリスタインターナショナルが企画した特別仕様車「ハッピーチューンバージョン」を設定。パステル調のボディ色や複数色の内装により、「雑貨・部屋感覚」を表現、20代女性をターゲットにしたという。販売台数は300台限定。価格はヴィッツFより40万円高の159.8万円。

「プラッツ」「ファンカーゴ」(写真)は、全車種で平成12年排出ガス規制をクリア。プラッツには、メッキグリル、クローム調ウインドウモールなどを与えたパッケージオプション「プレミアムバージョン」を新設定。ファンカーゴでは、運転席アームレストや電動格納式ドアミラーを標準装備した。プラッツは94.3〜151.3万円、ファンカーゴは124.8〜167.0万円。

「WiLL Vi」には、「秋冬コレクション」と銘打って、新しいカラーが追加された。iMacのようだ。ボディ色「ダークグリーンマイカ」「ゴールドメタリック」「ボルドーマイカ」や黒を基調とした内装色が与えられた。130.0万円。(web CG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィッツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・オーリスRS“Sパッケージ”(FF/6MT)【試乗記】 2012.10.18 試乗記 トヨタ・オーリスRS“Sパッケージ”(FF/6MT)
    ……255万3083円

    大胆なテレビCMが話題となった「トヨタ・オーリス」。その走りをMTモデルで確かめた。
  • トヨタ・オーリス120T(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.25 試乗記 トヨタ初の1.2リッター直噴ターボエンジンを搭載する「トヨタ・オーリス120T」に試乗。その走りは“ダウンサイジング”では一歩先を行く欧州勢に迫ったか? 遅れてきた主役の実力を探った。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • トヨタ・オーリス ハイブリッド“Gパッケージ”(FF/CVT)【レビュー】 2016.5.11 試乗記 日本市場ではこれがないと始まらない? トヨタのCセグメントハッチバック車「オーリス」にハイブリッドモデルが登場。JC08モード計測で30.4km/リッターという燃費を実現する、新たな最上級グレードの出来栄えを報告する。
ホームへ戻る