BMW「3、5、7シリーズ」の装備を充実

2000.08.10 自動車ニュース
 
 
000810_015.gif

BMW「3、5、7シリーズ」の装備を充実(8/10)

BMW JAPANは、「3、5、7シリーズ」の装備を改良した。内容は以下のとおり。なお、装備改良にともなう価格変更はない。

■ワイドオンボードモニターを世界で初めて採用
(525i/528i/540iの各Hi-Line、540i M-Sport、M5と、7シリーズ全モデル)
6.5インチ/16:9の大型TFT画面を採用。視認性の向上が謳われている。車載での使用は世界初!という。

■DVDナビゲーションの改良
(3、5、7シリーズのDVDナビ装着車)
システムの機能向上が行われ、検索の高速化、細かい住所設定などが可能になった。

■ハンズフリーテレフォンシステムの採用
(3、5、7シリーズにオプション設定)
NTTドコモの携帯電話を装着することで、ハンズフリーで通話が可能に。また、オペレーターがドライバーに代わって、情報の検索やナビゲーションの設定、電子メールの送受信などを行ってくれる「BMW Assistモビリティサポート」にも対応。

■VICS3メディア対応システムの採用
(3、5、7シリーズにオプション設定)
従来のVICS(道路交通情報をリアルタイムに車載表示するシステム)をさらに進化させたVICS3に対応。車両位置や精度の高い区間旅行時間情報などを取得できる。

(web CG 有吉)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツHSEダイナミック(ディーゼル)【試乗記】 2017.7.13 試乗記 高級SUV「レンジローバー」シリーズの中でスポーティーなモデルと位置づけられている「レンジローバー スポーツ」に、ディーゼル車が登場。3リッターのディーゼルターボを得て、その走りはどう変わったのか? 燃費もあわせて報告する。
ホームへ戻る