BMW「3、5、7シリーズ」の装備を充実

2000.08.10 自動車ニュース
 
 
000810_015.gif

BMW「3、5、7シリーズ」の装備を充実(8/10)

BMW JAPANは、「3、5、7シリーズ」の装備を改良した。内容は以下のとおり。なお、装備改良にともなう価格変更はない。

■ワイドオンボードモニターを世界で初めて採用
(525i/528i/540iの各Hi-Line、540i M-Sport、M5と、7シリーズ全モデル)
6.5インチ/16:9の大型TFT画面を採用。視認性の向上が謳われている。車載での使用は世界初!という。

■DVDナビゲーションの改良
(3、5、7シリーズのDVDナビ装着車)
システムの機能向上が行われ、検索の高速化、細かい住所設定などが可能になった。

■ハンズフリーテレフォンシステムの採用
(3、5、7シリーズにオプション設定)
NTTドコモの携帯電話を装着することで、ハンズフリーで通話が可能に。また、オペレーターがドライバーに代わって、情報の検索やナビゲーションの設定、電子メールの送受信などを行ってくれる「BMW Assistモビリティサポート」にも対応。

■VICS3メディア対応システムの採用
(3、5、7シリーズにオプション設定)
従来のVICS(道路交通情報をリアルタイムに車載表示するシステム)をさらに進化させたVICS3に対応。車両位置や精度の高い区間旅行時間情報などを取得できる。

(web CG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • BMW、通算7代目となる新型「5シリーズ」を発表 2017.1.13 自動車ニュース BMWジャパンは2017年1月12日、新型「5シリーズ」を発表した。発売は2月11日。部分自動運転を可能とした運転支援システムの採用や、ライバル車をしのぐ燃費を実現するなど、ベンチマークとしての地位を堅持したのが自慢だ。
  • BMW 5シリーズ 2017.1.12 画像・写真 BMWジャパンは2017年1月12日、新型「5シリーズ」を発表した。販売は2月11日に開始する。「BMW GROUP Tokyo Bay」(東京都江東区)で行われた発表会の様子を、写真で紹介する。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • BMW 523dブルーパフォーマンス ツーリング Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2013.1.7 試乗記 BMW 523dブルーパフォーマンス ツーリング Mスポーツ(FR/8AT)
    ……808万2000円

    日本の「ポスト新長期規制」をクリアした2リッター直4ディーゼルエンジンが「5シリーズ」にも搭載された。このエンジン、「3シリーズ」では迫力に満ちた走りを見せたが、5シリーズではどうなのだろうか。
ホームへ戻る