過給エンジン搭載の「ロータス・エリーゼS」発売

2012.07.06 自動車ニュース

過給エンジン搭載の「ロータス・エリーゼS」発売

英国ロータスカーズの正規輸入代理店LCIは2012年7月5日、新型「ロータス・エリーゼS」を発売した。デリバリー開始は、同年9月になる見込み。

今回発売されたロータスの「エリーゼS」は、これまでの「エリーゼSC」に代わるハイパフォーマンスモデルだ。

「エリーゼS」という車名そのものは、かつてトヨタ製の自然吸気1.8リッター直4エンジンを搭載するモデルに与えられていたが、2010年のマイナーチェンジにともない、シンプルな「エリーゼ」に改称。
それから2年を経て、同じくトヨタの手になるスーパーチャージャー付き1.8リッター直4エンジンを搭載するモデルとして“復活”することになった。

そのパワーユニットは、220ps/6800rpm、25.4kgm/4600rpmを発生。既存の「エリーゼ」「エリーゼ クラブレーサー」に搭載される自然吸気の1.6リッター直4(136ps/6800rpm、16.3kgm/4400rpm)に対して、およそ50%増しである。
組み合わされるトランスミッションは6段MTのみ。スポーツモードの選択ボタンも与えられ、「爽快かつ躍動感あふれるドライビング体験を実現する」という。最高速度は、素の「エリーゼ」より30km/hアップの234km/hだ。

そのほか「エリーゼ」との物理的な違いとしては、車重が24kg増しの924kgとなること、ホイールが太くなること(前:5.5J×16、後ろ:7.5J×17→前:6.0J×16、後ろ:8.0J×17)が挙げられる。
タイヤの銘柄やサイズ(ヨコハマ・アドバン ネオバAD07 LTS 前:175/55ZR16、後ろ:225/45ZR17)に変更はない。

価格は、「エリーゼ」より100万円高の610万円。

(webCG 関)

「ロータス・エリーゼS」
「ロータス・エリーゼS」

過給エンジン搭載の「ロータス・エリーゼS」発売の画像

過給エンジン搭載の「ロータス・エリーゼS」発売の画像

過給エンジン搭載の「ロータス・エリーゼS」発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エキシージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
ホームへ戻る