ホンダエンジン、CARTで50勝を達成!

2000.08.15 自動車ニュース
000815_022.gif

ホンダエンジン、CARTで50勝を達成!(8/15)

CARTシリーズ第13戦の決勝が13日、米オハイオ州ミドオハイオ・スポーツカーコース(1周3.633km)を83周して行われた。優勝は、チームペンスキーのエリオ・カストロネベス。通算2勝目、ホンダエンジンにとっては、記念すべき50勝達成となった。

予選1位にジル・ド・フェラン。2番手はカストロネベス(写真)と、チームペンスキー/ホンダの2台は、予選から好調。3番手に、やはりホンダエンジンを使うチームクールグリーンのダリオ・フランキッティが入る、ホンダ50勝達成!の期待がいやがうえにも高まる予選結果だった。

決勝レースは、序盤28周目までをド・フェランが、以後ゴールまでをカストロネベスがリード。ペンスキーは、1994年以来の1-2フィニッシュを、他チームに一度もリードを譲ることのない完勝で飾った。ホンダV8ターボは、1995年のニューハンプシャーでの初優勝から数え、50回目の勝利となった。

日本人ドライバー、中野信治は、予選20番手から14位までポジションを上げながら、60周目にスピン。19位リタイアに終わった。

ペンスキーの復活により、タイトル争いが激しくなってきた。残りは7戦。現在、マイケル・アンドレッティ(ニューマンハース/フォード)が125点で首位を守っているものの、2位ド・フェランが19点差で追い上げている。次戦は8月20日、ウィスコンシン州のロード・アメリカで開催される。(web CG 有吉)


■第13戦結果
1位 エリオ・カストロネベス
2位 ジル・ド・フェラン
3位 クリスチャン・フィッティパルディ
4位 マックス・パピス
5位 ケニー・ブラック

■第13戦終了時のドライバーズランキング
1位 マイケル・アンドレッティ 125点
2位 ジル・ド・フェラン 106点
3位 ロベルト・モレノ 100点
4位 ケニー・ブラック 88点
5位 エイドリアン・フェルナンデス 87点

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。