ハッキネン/クルタード、F1最強記録に王手

2000.08.16 自動車ニュース
000816_023.gif

ハッキネン/クルタード、F1最強記録に王手(8/16)

F1マクラーレンチームのドライバー、ミカ・ハッキネン(左)とディヴィド・クルタード(右)が、F1の歴史に名を残す記録を作りそうである。

13日に行われたハンガリーGPで、ハッキネンが今季3勝目をマーク。この勝利により、ハッキネン(17勝)/クルタード(8勝)で、合計25勝。1988-1989年にアイルトン・セナ/アラン・プロストの打ちたてた同一コンビ最多勝に並んだ。シーズン後半戦にマクラーレンが調子をあげてきていることから、今シーズン中にこの記録を追い抜くことはほぼ確実ではないか、とみられている。

ハッキネン/クルタードのコンビは、チームを組んだ最長期間記録も達成間近(1996年から2000年終了時までで82戦)。両ドライバーとも2001年残留が決まっており、それまでジャン・アレジ/ゲルハルト・ベルガーが1993-1997年にフェラーリとベネトンで記録した79戦を破ることは間違いない。

2000年シーズンも後半戦に突入。ハッキネン(64点でランキング1位)/クルタード(58点で同3位)の「マクラーレン最強コンビ」と、強敵フェラーリのミハエル・シューマッハー(62点で同2位)が、タイトル争いを面白くすることも、間違いない。(web CG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。