クラシックカー・ウィークエンド報告!

2000.08.21 自動車ニュース
000821_027.gif

クラシックカー・ウィークエンド報告!(8/21)

8月18日、北米はカリフォルニア州モントレーで、自動車イベント盛り沢山の週末が開幕!
アオキ特派員 視聴者のみなさま、コンニチハ! アオキ特派員こと青木禎之 web CG コンテンツエディターが、ここ、カリフォルニアの空のしたから、クラシックカー・ウィークエンドの模様をお届けします。解説は、サンフランシスコ在住、画家にして英国車パーツ販売を営む、斎藤孝平さんです。
斎藤孝平(以下、コーヘイ) こんにちは。
アオキ お会いするのは1年ぶりですね、斎藤さん。イヤ、ここはやはりアメリカンに、コーヘイ!と呼ばせてもらいます。
コーヘイ ……。
アオキ まず、イベントの概要を。
コーヘイ クラシックカー・ウィークエンドの中心は、今年で50回目を迎えるペブルビーチ・コンクールデレガンスです。世界中のクルマ好き、かつお金持ちが、完璧にレストアされた名車の輝きを競う催しで、日曜日に開かれます。これを「静」のイベントとすれば、「動」にあたるのは、ラグナセカ・レースウェイでのヒストリックカー・レースでしょう。土日を通して、13ものカテゴリーのレースが行われます。
アオキ そしてコーヘイ! いま私たちが来ているのは?
コーヘイ コンコルソ・イタリアーノ! 1981年に、マゼラーティのクラブが、ペブルビーチの東南にあるゴルフコース、クエールロッジに宿を取ったのをきっかけにはじまったイベントです。かつてはロウキー(マイナー)なクラブ・ミーティングに過ぎなかったけど、ランボルギーニ、イソ、ビザリーニ、そしてフェラーリと、次々とイタリア車のクラブが合流して、大きなイベントになりました。
アオキ パンフレットも立派ですね。130ページもあって、広告もたくさん入って……。
コーヘイ 一昨年から、昼時に水着のファションショーをやることになって、ドッと男性客が増えたとか。
アオキ それでは同伴する奥様が黙っていないでしょう?
コーヘイ その対策でしょうか、昨年から、オペラの時間ができ、トスカのアリアとか、なんだったけな、ボエームのミミが死ぬ前に歌う歌なんかもやるようになって……。
アオキ イタリア文化全体を紹介するようになったんですね。ところで、今回のテーマとなるクルマは?
コーヘイ フィーチャーカーですね。ペブルビーチに合わせて、マゼラーティです。
アオキ どうりでシトロエンSMをよく見るわけだ。
コーヘイ マゼラーティのエンジンを積んでるからね。全米から三つ又バッヂのクルマが集まってくるのは例年のことだけど、今年は向かいの駐車場で、ロータスUSA(ロータスのアメリカ法人)がコラール(コーナー)を開いてテントを張っていた。
アオキ コーヘイさんは、山道用にエラン、レースにはコーチナと、ロータス好きですものね。
コーヘイ アメリカでは、エスプリと、レースカーとしてのエリーゼが売られています。今年は340Rを披露していました。
アオキ メーカーから、プロモーションに有効、と認められる催しになったわけですね。
コーヘイ そう。北米輸出を始めたアルファロメオも、こちらは会場内で、ツインスパークのGTVと、2.5リッターV6のアルファスポーツワゴンを並べた。初年度は、2000台を売るつもりらしい。
アオキ それでは、会場にGO!(web CG アオキ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。