AMGジャパン、「CLK55」を発売

2000.08.25 自動車ニュース
 
 
000825_033.gif

AMGジャパン、「CLK55」を発売(8/25)

AMGジャパンは、メルセデスベンツのクーペ「CLK」をベースとした「AMG CLK55」を、8月22日より発売した。ハイパワーエンジン、エアロダイナミクス効果を高めたというエアロパーツを装備したモデルである。

独メルセデスAMG社が開発した5.5リッターV8エンジンを搭載。3バルブ化とデュアルイグニッションシステムにより、オリジナル5リッターユニットより、41psアップの347psと、5.1kgm太い52.0kgmを発生する。

増大したアウトプットにあわせ、ストッピングパワーも強化。もちろん、前後とも大口径ベンチレーテッドディスクだ。ディスクローターは、フロントが334mm、リアが300mmとバカでかい。足回りは、AMGスポーツサスペンション。スプリングとダンパーを強化し、「高いレベルでのスポーツ性を含め安全性と快適性を実現している」(広報資料)という。

内装は、本革のスポーツシートと本革巻ステアリングホイール、そして300km/hまで表示されるスピードメーターなどが備わる。左ハンドルのみの設定だ。

ちなみにAMG CLK55は、1999年のF1でセーフティカーをつとめたハイパワークーペだ。価格は、1150.0万円。(web CG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CLKクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る