名機を積んだエルグランド

2000.08.25 自動車ニュース
 
 
000825_034.gif

名機を積んだエルグランド(8/25)

■0-100km/hは3.2秒も速く!
先代セフィーロで初採用されてはや6年。ようやく日産の大型ミニバンにまでVQユニットが供給されるようになった。3.5リッターV6「VQ35DE」を搭載するのは、日産の数少ない売れ筋モデルのひとつ、エルグランド。ひたひたと背中に迫るライバルを、「圧倒的な商品力」(日産)で、返り討ちにしてくれよう!というワケだ。なお、3リッター直4ディーゼルは、従来通りZD30DDTi(170ps、36.0kgm)ユニットを使用する。

VQ35DEユニットの最高出力は240ps/6000rpm、最大トルクが36.0kgm/3200rpm。従来の3.3リッター「VG」ユニットと比較して、出力で70ps、トルクで8.9kgmのアップを果たした。停止から100km/hまで、これまでより3.2秒も速い11.3秒で達するという。エンジン強化にあわせ、左右のサスペンション取り付け部を結ぶクロスバーを前後に設定、ボディ剛性アップによる操縦安定性と乗り心地の向上を図った。

外観では、ラジエターグリルやバンパーなどの形状が、若干の手直しを受けた。ホワイトパール、スパークリングシルバーなど、ボディペイントに4色追加されたことも新しい。

■「X-リミテッド」を追加設定
今回のマイナーチェンジにあわせ、最上級グレード「X-リミテッド」が設定された。3列シート7人乗り(2-2-3)仕様。木目・本革のコンビネーションステアリングホイール、リモコンオートスライドドア、本革とヌバック調素材のサブラーレを組み合わせたコンビシートなどを装備する。価格は、2WD/4WD=388.5/418.5万円。

エルグランド・ユーザーの40%が装着するというナビゲーションシステムは、モニターが6.5インチに拡大された。DVDビデオの再生機能も追加され、オトウチャン、ますます運転手役に……。全長4.7m、全幅1.8mの巨体ゆえ、エルグランドは車庫入れが大変。そこで、フロント&リア ラウンドソナーが採用された。前後とも、死角がないのがジマン。セカンドシートに、ISOFIX対応チャイルドシート用アンカーがオプション設定されたこともニュースだ。

価格は、3.5リッターガソリンが、2WD/4WD=303.5〜352.4/333.5〜382.4万円(X-リミテッドを除く)。3リッターディーゼルが、2WD/4WD=309.8〜359.7/339.8〜389.7万円。

(web CG アオキ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エルグランドの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「ジャパンキャンピングカーショー2017」の会場から 2017.2.3 画像・写真 ユニークなキャンピングカーが一堂に集結。「ジャパンキャンピングカーショー2017」が、千葉県の幕張メッセで開幕した。会場の様子を、各メーカーが出展したキャンピングカーとともに写真でリポートする。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
ホームへ戻る