名機を積んだエルグランド

2000.08.25 自動車ニュース
 
 
000825_034.gif

名機を積んだエルグランド(8/25)

■0-100km/hは3.2秒も速く!
先代セフィーロで初採用されてはや6年。ようやく日産の大型ミニバンにまでVQユニットが供給されるようになった。3.5リッターV6「VQ35DE」を搭載するのは、日産の数少ない売れ筋モデルのひとつ、エルグランド。ひたひたと背中に迫るライバルを、「圧倒的な商品力」(日産)で、返り討ちにしてくれよう!というワケだ。なお、3リッター直4ディーゼルは、従来通りZD30DDTi(170ps、36.0kgm)ユニットを使用する。

VQ35DEユニットの最高出力は240ps/6000rpm、最大トルクが36.0kgm/3200rpm。従来の3.3リッター「VG」ユニットと比較して、出力で70ps、トルクで8.9kgmのアップを果たした。停止から100km/hまで、これまでより3.2秒も速い11.3秒で達するという。エンジン強化にあわせ、左右のサスペンション取り付け部を結ぶクロスバーを前後に設定、ボディ剛性アップによる操縦安定性と乗り心地の向上を図った。

外観では、ラジエターグリルやバンパーなどの形状が、若干の手直しを受けた。ホワイトパール、スパークリングシルバーなど、ボディペイントに4色追加されたことも新しい。

■「X-リミテッド」を追加設定
今回のマイナーチェンジにあわせ、最上級グレード「X-リミテッド」が設定された。3列シート7人乗り(2-2-3)仕様。木目・本革のコンビネーションステアリングホイール、リモコンオートスライドドア、本革とヌバック調素材のサブラーレを組み合わせたコンビシートなどを装備する。価格は、2WD/4WD=388.5/418.5万円。

エルグランド・ユーザーの40%が装着するというナビゲーションシステムは、モニターが6.5インチに拡大された。DVDビデオの再生機能も追加され、オトウチャン、ますます運転手役に……。全長4.7m、全幅1.8mの巨体ゆえ、エルグランドは車庫入れが大変。そこで、フロント&リア ラウンドソナーが採用された。前後とも、死角がないのがジマン。セカンドシートに、ISOFIX対応チャイルドシート用アンカーがオプション設定されたこともニュースだ。

価格は、3.5リッターガソリンが、2WD/4WD=303.5〜352.4/333.5〜382.4万円(X-リミテッドを除く)。3リッターディーゼルが、2WD/4WD=309.8〜359.7/339.8〜389.7万円。

(web CG アオキ)

 
 

関連キーワード:
エルグランド日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ジャパンキャンピングカーショー2017」の会場から 2017.2.3 画像・写真 ユニークなキャンピングカーが一堂に集結。「ジャパンキャンピングカーショー2017」が、千葉県の幕張メッセで開幕した。会場の様子を、各メーカーが出展したキャンピングカーとともに写真でリポートする。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】NEW 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • 第466回:ボルボの“神話”はここで磨かれる
    スウェーデン・ヨーテボリの本社を訪問する
    2017.12.28 エディターから一言 創業以来、一貫して自動車の安全性の向上に尽力してきたボルボ。同社のセーフティーの基礎にはどのような考え方があるのだろうか。最近ボルボのもうひとつの特長となりつつあるデザイン分野と併せ、スウェーデン本社で“ふたつの神話”の磨き方を聞いた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ 2017.12.25 画像・写真 第45回東京モーターショーで注目を集めたスズキのコンパクトクロスオーバー「XBEE(クロスビー)」が、早くも市販モデルとしてデビュー。ワゴンの使い勝手とSUVのデザイン、走破性を併せ持つというニューモデルの姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る