V8を押し込んだアウディS6登場!

2000.08.28 自動車ニュース
 
 
000828_038.gif

V8を押し込んだアウディS6登場!(8/28)

「アウディS6は、その雰囲気に自信を漂わせています」(プレスリリース)と、フォーリングスは自信満々。8月22日、4ドアサルーンA6に、A8用4.2リッターV8を押し込んだアウディS6の販売が開始された。

アウディS6は、V8を搭載するためサイドメンバーを80mm延長、全長はA6より37mm長い4845mmとなった。全幅は、大きく張り出したホイールアーチゆえ、40mm広い1850mm。一方、スポーツサスペンションを装備した全高は、10mm低い1450mmとなった。迫力あるディメンションのほか、「S」のあかしは、クロームで縁取りされた専用グリル、アルミハウジングのドアミラー、左右2本出しマフラー、そしてアーブスデザインの17インチホイール、など。車重は、軽量化のためにボンネット、フロントサイドパネルをアルミニウムにしたものの、1810kgと、なかなかの重量級である。

フロントに収納された4.2リッターV8は、アウディ得意の5バルブユニット。可変吸気、可変バルブタイミングシステムを備え、A8比30ps、1kgmアップの340ps/7000rpmの最高出力と、42.8kgm/3400rpmの最大トルクを発生する。0-100km/h加速は、5.7秒。これは、BMW M5(6MT)の5.8秒(CG計測値)をわずかに上回る数値だ。

トランスミッションは、ティプトロニック付きの5段AT。クワトロシステムを介して、4輪を駆動する。トルク配分は、通常、前:後=50:50。自動ロッキングシステムをもつトルセン式センターデフによって、前後最大70%まで配分比率を変える。4輪ダブルウィッシュボーンのサスペンションは、前後サブフレームをアルミ製として、スチールより10.8kg軽くしたという。

ヤナセとの提携決裂以来、日本でのブランドイメージをうまく確立できなかったアウディ。今年に入ってディーラー網を再構築、「スポーティ」を前面に押し出した販売戦略を取っている。「アウディがいなければ面白かったのに……」と、ルマン24時間レースでの圧勝を宣伝に活用したことは記憶に新しい。「S」モデルは、同社のイメージビルダーとして重要な役割を担うことになるのだ。

S4に続いて導入されたS6。価格は、915.0万円。BMW M5より435.0万円、AMG E55より535.0万円も安い!?

(web CG アオキ)

 
 

関連キーワード:
S6アウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディS6(4WD/7AT)/S8(4WD/8AT)【試乗記】 2012.9.30 試乗記 アウディS6(4WD/7AT)/S8(4WD/8AT)
    ……1262万円/1921万円

    アウディの「A6」「A8」シリーズに、新しい「Sモデル」が登場。最新テクノロジーの採用により燃費効率の高さをうたう、スポーティーセダンに試乗した。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.9.7 試乗記 740psという途方もないパワーを誇る「ランボルギーニ・アヴェンタドールS」に試乗。この地をはうかのごときファイティングブルは、スーパーカーの中のスーパーカー! とたたえるにふさわしい存在感に満ちていた。
  • アウディS6(4WD/6AT)【ブリーフテスト】 2008.4.15 試乗記 ……1306.0万円
    総合評価……★★★★

    5.2リッターV10エンジンを搭載した、アウディのハイパフォーマンスモデル「S6」。高性能クワトロモデルの走りを試す。
  • レトロモダンな限定車 「MINIアイスブルー」登場 2017.9.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年9月8日、「MINI 3ドア」「MINI 5ドア」に特別仕様車「ICE BLUE(アイスブルー)」を設定し、400台の台数限定で販売を開始した。過去に人気を博した「アイスブルー」のボディーカラーを復刻し、専用装備としている。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.15 試乗記 長年にわたって代を重ねてきた、トヨタのFFセダン「カムリ」。「前例のない変革」を掲げて開発された新型は、どんなクルマに仕上がったのか。最上級グレード「G“レザーパッケージ”」に試乗して確かめた。
ホームへ戻る