トヨタ、「ツーリングハイエース」特装車を発売

2000.08.28 自動車ニュース
 
 
000828_035.gif

トヨタ、「ツーリングハイエース」特装車を発売(8/28)

トヨタ自動車は、「ツーリングハイエース」に特別仕様車「エクストラVパッケージ」を設定、8月21日より発売した。

標準グレードをベースに、専用クロームメッキ調アルミホイール、専用ボディストライプテープ、カラードリヤライセンスガーニッシュなどでお化粧したモデル。また内装においては、専用シート表皮&ドアトリム、専用ホワイトメーターなどを採用した。

価格は、2.7リッターガソリンエンジン搭載車が269.8万円(2WD)、297.3万円(4WD)、3リッターインタークーラー付ディーゼルターボエンジン搭載車が293.3万円(2WD)、320.8万円(4WD)。

トヨタ自動車「ツーリングハイエースエクストラVパッケージ」サイト:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/
Updates/Touringhiace/extra_v/index.html

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ、新型「ハイエースワゴン」を発売 1999.7.8 自動車ニュース トヨタ自動車は、「ハイエースワゴン」をマイナーチェンジし、7月5日より発売した。エンジンのトルクアップや装備の充実などからなる。新型「トヨタハイエースワゴン」においては、これまでより豪華になり、装備が充実した。外観および内装の意匠の変更、装備の追加、一部エンジンのスペック変更、安全装備の充実などが特徴としてあげられる。外観はボディフロント部が50ミリ延長され、新意匠のフロントグリルおよびバンパーの採用で級械(広報資料)が強調された。さらにヘッドランプをはじめとする灯火類がマルチリフレクタータイプとなった。外板色も「エレガントパールトーニング」をはじめ、新たに3色が追加された。内装においては、フロントシートのスライド量が45ミリ増したことをはじめ、キーオフ後作動機能付パワーウィンドウや、新意匠のステアリングホイールなどが新たに採用された。「スーパーカスタムリミテッド」には、本革巻ステアリングホイールおよびシフトノブ、オプティトロンメーター、家庭用電化製品が使用できる100V電源ソケット、キャプテンシートタイプのセカンドシートなどが今回、採用されている。エンジンでは、3リッターディーゼルターボエンジン(1KZ-TE)に水冷式インタークーラーが追加され、最大トルクが33.8kgm(これまでは29.5kgm)に高まった。さらに最新の排出ガス規制にも適合するようになったという。安全装備としては、ワイドビューミラー、撥水ガラスのウィンドシールド(一部モデル)、プリテンショナーおよびフォースリミッター付フロントシートベルトなどの採用が新しい。グレードは、「デラックス」(東京213.2万円〜)、「スーパーカスタム」(同256.3万円〜)、「スーパーカスタムG」(同280.3万円〜)、「スーパーカスタムリミテッド」(同348.5万円〜)がそれぞれ後輪駆動と4輪駆動に設定されている。またハイルーフスーパーロングという「グランドキャビンG-p」(同351.9万円)と「同G-e」(同343.4万円)が後輪駆動に設定されている。ずいぶんキラキラになってしまった「ハイエースワゴン」であった。しかしホントにユーザーはこういうものを求めているのだろうか? それともニーズというのは与え手が作り出すものなのか? ウーン。(Web CG オガワ)
  • トヨタ、ハイエースに上質な内装の特別仕様車 2012.11.1 自動車ニュース トヨタ自動車は、「ハイエース」「レジアスエース」のバンに、特別仕様車「スーパーGL “PRIME SELECTION”」を設定。2012年11月1日に発売した。
  • レクサスLS500h/レクサスLS500h“Fスポーツ” 2017.6.26 画像・写真 トヨタ自動車は2017年6月26日、同年秋以降に発売を予定している「レクサスLS500h」とスポーティーバージョンの「LS500h“Fスポーツ”」を、国内で初披露した。その姿を写真で紹介する。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフヴァリアントTSIハイライン【試乗記】 2017.6.21 試乗記 マイナーチェンジが施された「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。多くのライバルを従えて、今なお普遍的ベンチマークに君臨し続ける理由とは? その進化の度合いとともに確かめた。さらにホットモデルのちょい乗りリポートもお届けする。
ホームへ戻る