三菱「パジェロ」がマイナーチェンジ

2000.08.28 自動車ニュース
 
 
000828_036.gif

三菱「パジェロ」がマイナーチェンジ(8/28)

三菱自動車は、「パジェロ」の商品ラインアップ、機能装備を充実させ、8月24日から発売した。

マイナーチェンジの眼目は、エンジンラインナップの拡充。従来の3.5リッターV6、3.2リッター直4ディーゼルに加え、3リッターV6を設定した。ベーシックグレードの「ZX(ロングボディ)」と「ZR(ショート・ロングボディ)」とに、3リッターV6MPIエンジン(180ps、27.0kgm)を搭載、250万円からの廉価モデルとして、伸びなやむパジェロの販売に活を入れる。

中堅グレードになる「EXCEED」シリーズは、「EXCEED-1」「EXCEED-2」の2グレードに分けられた。EXCEED-1は、装備の一部見直しで、従来モデルと較べロングボディで約45万円、ショートボディで約28万円価格を下げた。EXCEED-2は、スポーツモード5段ATディスチャージヘッドランプ・フォグランプ等、装備充実したモデル。

他には、ディスチャージヘッドランプ、セキュリティアラームを上級グレードに追加。ZXグレード以外のセカンドシートが、6:4分割式になったことも新しい

価格は、ZXロングボディの5MTが254.0万円、4ATが265.0万円。ZRショートボディの5MTが253.0万円、4ATが264.0万円。同ロングボディの5MTが273.5万円、4ATが284.5万円。ZR以外のショートボディが、297.0万円〜380.5万円。ZX、ZR以外のロングボディが、325.0万円〜416.5万円。(web CG 佐藤)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パジェロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱自動車、「RVR」のフロントマスクを一新 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、コンパクトSUV「RVR」に一部改良を実施し、同年2月16日に発売すると発表した。今回の改良ではフロントマスクを一新し、乗員とクルマを守る機能を力強く表現したフロントデザインコンセプトの「ダイナミックシールド」を採用した。
  • 三菱が既存9車種の燃費不正について損害を賠償 2016.8.30 自動車ニュース 三菱自動車は2016年8月30日、同社が現在販売している「アウトランダーPHEV」「デリカD:5」など9車種を対象に、ユーザーに対して1台あたり3万円から10万円の損害賠償金を支払うと発表した。
  • 三菱パジェロスポーツ 2015.8.3 画像・写真 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)をフルモデルチェンジしてタイで公開した。エンジンは新たに2.4リッターディーゼルターボを採用。燃費を先代比で約17%改善させた。その姿を写真で紹介する。
  • 「三菱RVR」を写真で紹介 2011.10.20 画像・写真 2011年10月20日、新MIVECエンジンや「AS&G」が搭載されるなどの改良を受けた「三菱RVR」を写真で紹介する。
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
ホームへ戻る