メルセデス、C、Eクラスのエンジンを一部変更

2000.08.29 自動車ニュース
 
 
000829_041.gif

メルセデス、C、Eクラスのエンジンを一部変更(8/29)

ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツCクラスのステーションワゴンに、特別仕様車「セレクション」を設定、8月25日より発売した。同時に、「Eクラス」「CLK」の一部グレードのエンジンを変更した。

「C200コンプレッサーステーションワゴンセレクション」は、2リッターのスーパーチャージャー付直4エンジンを搭載したモデル。過給機をも持たない従来型2リッターと比べ、パワーで27ps、トルクで4kgmアップの、163ps、23.4kgmを発生する。「よりスポーティな走行性能を実現」(広報資料)したという。専用装備は、本革巻ステアリング、本革巻シフトノブ、専用デザインのアルミホイールだ。 価格は、2リッターより10万円高の415.0万円。熟成しきったCクラスに、魅力的なモデルが加わった。

「C240ステーションワゴンセレクション」は、V6エンジンを従来の2.4リッターから2.6リッターに拡大。170psの最高出力は変わらないが、発生回転数は5500rpmと、400rpm低くなった。また、最大トルクは、1.6kgm増しの24.5kgm/4500rpmである。低中回転域でのトルク増大、発進時や中間加速時における走行性能の向上を図ったという。専用装備は、レザーツイン内装(本革&人工皮革/フロント・シートヒーターステップカバー)、専用デザインアルミホイールだ。価格上昇は5万円に抑えられ、500.0万円。

「E240」「E240ステーションワゴン」のV6エンジンは、C240ステーションワゴン同様、2.4リッターから2.6リッターに変更。車名は変わらず。「CLK」に搭載される2リッター直4には、スーパーチャージャーを装着、車名が「CLK200コンプレッサーアバンギャルド」になった。「E240」595.0万円、「同ステーションワゴン」625.0万円、「CLK200コンプレッサーアバンギャルド」535.0万円。
(web CG 有吉)

メルセデスベンツ「Cクラスステーションワゴン」サイト:
http://www.mbj.mercedes-benz.com/showroom/model_csw.jsp

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • メルセデス・ベンツC220dアバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2015.11.27 試乗記 「メルセデス・ベンツCクラス」のディーゼルエンジン搭載車「C220dアバンギャルド」に試乗。ディーゼル車のメリットといえば経済性や実用性……かと思いきや、それは軽快な走りも見せてくれる、趣味性の高いモデルだった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
ホームへ戻る