マツダ、「ロードスター」を一部改良し発売

2012.07.05 自動車ニュース

マツダ、「ロードスター」を一部改良し発売

マツダは2012年7月5日、2人乗りオープンスポーツカー「ロードスター」を一部改良し発売した。

今回の一部改良では、ソフトトップ車とパワーリトラクタブルハードトップ(RHT)車それぞれの個性を強調するため、コーディネートが明確に分けられた。

ソフトトップ車は「タイトスポーツ」をキーワードとした、スポーティーな黒基調のコーディネーションに。エクステリアでは、ブラックのフロントコンビネーションランプベゼル、ダークガンメタリックのアルミホイールなどを装備。インテリアでは、メーターフードを小型化するとともに、メーターリングと「RS」グレードのシートバックバーガーニッシュをグロッシーダークグレー塗装とした。

一方のRHT車は「プレミアムスポーツ」をキーワードに、各所に銀色のパーツを採用することで上質な味わいを追求。クローム調のフロントコンビネーションランプベゼルやアルミ調のメーターリングなどを装備する。

そのほか、ソフトトップ車、RHT車共通の主な変更点は以下のとおり

<エクステリア>
・フロントグリル開口部を拡大し、奥行きのあるデザインに変更。
・新デザインのフロントフォグランプベゼルを採用。
・フロントチンスポイラーを新採用。
・ボディーカラーに新色「ドルフィングレーマイカ」を採用。(「メトロポリタングレーマイカ」は廃止)

<インテリア>
・デコレーションパネルとステアリングホイールベゼルを新色「グロッシーダークグレー」に変更。(ソフトトップ車「S」グレードのステアリングホイールベゼルはオプション)
・本革シートに新色「タン」を追加。

<その他>
・スロットル制御プログラムをより緻密に設定することで、加速コントロール性を向上。(MT仕様)
・ブレーキブースター(制動倍力装置)の特性を変更することで、減速コントロール性を向上。
・アクティブボンネットを全モデルに標準装備

価格は、ソフトトップ車「S」(FR/5MT)の233万円からRHT車「VS」(FR/6AT)の292万円まで。

(webCG)

「マツダ・ロードスターRS RHT」
「マツダ・ロードスターRS RHT」 拡大
「ロードスターRS」
「ロードスターRS」 拡大
「ロードスターS RHT」
「ロードスターS RHT」 拡大
「ロードスターS」
「ロードスターS」 拡大

関連キーワード:
ロードスターマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」にシルバーでドレスアップした限定車 2018.6.9 自動車ニュース FCAジャパンは2018年6月9日、「アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ」をベースとした特別仕様車「クアドリフォリオ アルジェント」を設定し、30台の台数限定で発売した。価格は1139万円。
ホームへ戻る