マツダ、「ロードスター」を一部改良し発売

2012.07.05 自動車ニュース

マツダ、「ロードスター」を一部改良し発売

マツダは2012年7月5日、2人乗りオープンスポーツカー「ロードスター」を一部改良し発売した。

今回の一部改良では、ソフトトップ車とパワーリトラクタブルハードトップ(RHT)車それぞれの個性を強調するため、コーディネートが明確に分けられた。

ソフトトップ車は「タイトスポーツ」をキーワードとした、スポーティーな黒基調のコーディネーションに。エクステリアでは、ブラックのフロントコンビネーションランプベゼル、ダークガンメタリックのアルミホイールなどを装備。インテリアでは、メーターフードを小型化するとともに、メーターリングと「RS」グレードのシートバックバーガーニッシュをグロッシーダークグレー塗装とした。

一方のRHT車は「プレミアムスポーツ」をキーワードに、各所に銀色のパーツを採用することで上質な味わいを追求。クローム調のフロントコンビネーションランプベゼルやアルミ調のメーターリングなどを装備する。

そのほか、ソフトトップ車、RHT車共通の主な変更点は以下のとおり

<エクステリア>
・フロントグリル開口部を拡大し、奥行きのあるデザインに変更。
・新デザインのフロントフォグランプベゼルを採用。
・フロントチンスポイラーを新採用。
・ボディーカラーに新色「ドルフィングレーマイカ」を採用。(「メトロポリタングレーマイカ」は廃止)

<インテリア>
・デコレーションパネルとステアリングホイールベゼルを新色「グロッシーダークグレー」に変更。(ソフトトップ車「S」グレードのステアリングホイールベゼルはオプション)
・本革シートに新色「タン」を追加。

<その他>
・スロットル制御プログラムをより緻密に設定することで、加速コントロール性を向上。(MT仕様)
・ブレーキブースター(制動倍力装置)の特性を変更することで、減速コントロール性を向上。
・アクティブボンネットを全モデルに標準装備

価格は、ソフトトップ車「S」(FR/5MT)の233万円からRHT車「VS」(FR/6AT)の292万円まで。

(webCG)

「マツダ・ロードスターRS RHT」
「マツダ・ロードスターRS RHT」
「ロードスターRS」
「ロードスターRS」
「ロードスターS RHT」
「ロードスターS RHT」
「ロードスターS」
「ロードスターS」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る