マツダ、「ロードスター」を一部改良し発売

2012.07.05 自動車ニュース

マツダ、「ロードスター」を一部改良し発売

マツダは2012年7月5日、2人乗りオープンスポーツカー「ロードスター」を一部改良し発売した。

今回の一部改良では、ソフトトップ車とパワーリトラクタブルハードトップ(RHT)車それぞれの個性を強調するため、コーディネートが明確に分けられた。

ソフトトップ車は「タイトスポーツ」をキーワードとした、スポーティーな黒基調のコーディネーションに。エクステリアでは、ブラックのフロントコンビネーションランプベゼル、ダークガンメタリックのアルミホイールなどを装備。インテリアでは、メーターフードを小型化するとともに、メーターリングと「RS」グレードのシートバックバーガーニッシュをグロッシーダークグレー塗装とした。

一方のRHT車は「プレミアムスポーツ」をキーワードに、各所に銀色のパーツを採用することで上質な味わいを追求。クローム調のフロントコンビネーションランプベゼルやアルミ調のメーターリングなどを装備する。

そのほか、ソフトトップ車、RHT車共通の主な変更点は以下のとおり

<エクステリア>
・フロントグリル開口部を拡大し、奥行きのあるデザインに変更。
・新デザインのフロントフォグランプベゼルを採用。
・フロントチンスポイラーを新採用。
・ボディーカラーに新色「ドルフィングレーマイカ」を採用。(「メトロポリタングレーマイカ」は廃止)

<インテリア>
・デコレーションパネルとステアリングホイールベゼルを新色「グロッシーダークグレー」に変更。(ソフトトップ車「S」グレードのステアリングホイールベゼルはオプション)
・本革シートに新色「タン」を追加。

<その他>
・スロットル制御プログラムをより緻密に設定することで、加速コントロール性を向上。(MT仕様)
・ブレーキブースター(制動倍力装置)の特性を変更することで、減速コントロール性を向上。
・アクティブボンネットを全モデルに標準装備

価格は、ソフトトップ車「S」(FR/5MT)の233万円からRHT車「VS」(FR/6AT)の292万円まで。

(webCG)

「マツダ・ロードスターRS RHT」
「マツダ・ロードスターRS RHT」
「ロードスターRS」
「ロードスターRS」
「ロードスターS RHT」
「ロードスターS RHT」
「ロードスターS」
「ロードスターS」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
ホームへ戻る