スカイラインの顔変わる

2000.08.30 自動車ニュース
 
 
000830_044.gif

スカイラインの顔変わる(8/30)

「バケツのようだ」と、かつてNAVI誌上で元F1パイロット、鈴木亜久里に評されたスカイライン。8月28日、日産の誇るスポーツサルーンがマイナーチェンジを受けた。

「ソフィスティケイテッド・ニュースカイライン」をテーマに、新型は、顔つきがちょっぴり優しく。インテリアにも手が入れられ、シートクロスを変更、ブラック&シルバー本革巻きステアリングホイール&シフトノブなど、インパネまわりに「シルバー」が多用される。「スポーティ感を演出した」(日産)という。

ドライブトレイン関係では、ターボユニットが、コンプレッサー形状を変えることで、トルクが35.0kgmから37.0kgmにアップした。シフトレバーのショートストローク化(−10%)、剛性アップ(+20%)もニュースだ。

車体色に、スパークリングシルバー、ダークメタルブルーが追加されたほか、ベイサイドブルーが全車で選択可能に。

価格は、2ドアハードトップが、2リッター=234.4万円、2.5リッターNA/ターボ=266.0〜293.2万円/299.8〜310.0万円。4ドアセダンが、2リッター=199.8〜229.5万円、2.5リッターNA/ターボ=229.8〜289.8万円/299.3〜309.5万円。

(web CG アオキ)

 
 

関連キーワード:
スカイライン日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイラインGTS-R ETC出場車(1988年) 2017.5.24 画像・写真 欧州ツーリングカー選手権やスパ・フランコルシャン24時間レースに参戦。世界に挑んだ初めてワークス・スカイラインこと「スカイラインGTS-R ETC」が、日産名車生クラブによってレストアされることとなった。その姿を写真で紹介する。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.12.13 試乗記 320psのパワーと400Nmのトルクを誇る新型「ホンダ・シビック タイプR」。その速さはもはや“FFのスーパーカー”と呼ぶべきものだ。ニュルブルクリンクの北コースを7分43秒80で駆け抜けたその次は、一体どこに向かおうとしているのだろうか?
  • レクサスが「RC/RC F」を一部改良、特別仕様車も設定 2017.11.30 自動車ニュース
  • 【LAショー2017】マツダがマイナーチェンジ版「アテンザ」を世界初公開 2017.11.30 自動車ニュース