スカイラインの顔変わる

2000.08.30 自動車ニュース
 
 
000830_044.gif

スカイラインの顔変わる(8/30)

「バケツのようだ」と、かつてNAVI誌上で元F1パイロット、鈴木亜久里に評されたスカイライン。8月28日、日産の誇るスポーツサルーンがマイナーチェンジを受けた。

「ソフィスティケイテッド・ニュースカイライン」をテーマに、新型は、顔つきがちょっぴり優しく。インテリアにも手が入れられ、シートクロスを変更、ブラック&シルバー本革巻きステアリングホイール&シフトノブなど、インパネまわりに「シルバー」が多用される。「スポーティ感を演出した」(日産)という。

ドライブトレイン関係では、ターボユニットが、コンプレッサー形状を変えることで、トルクが35.0kgmから37.0kgmにアップした。シフトレバーのショートストローク化(−10%)、剛性アップ(+20%)もニュースだ。

車体色に、スパークリングシルバー、ダークメタルブルーが追加されたほか、ベイサイドブルーが全車で選択可能に。

価格は、2ドアハードトップが、2リッター=234.4万円、2.5リッターNA/ターボ=266.0〜293.2万円/299.8〜310.0万円。4ドアセダンが、2リッター=199.8〜229.5万円、2.5リッターNA/ターボ=229.8〜289.8万円/299.3〜309.5万円。

(web CG アオキ)

 
 

関連キーワード:
スカイライン日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
  • マツダCX-3【開発者インタビュー】 2018.5.17 試乗記 エンジン、シャシー、装備、そして内外装デザインと、文字通り“すべて”において大幅な改良・変更がなされたマツダのコンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」。発売当初から一貫して主査を務めるエンジニアに、今回の大幅改良の狙いを聞いた。
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.5.9 試乗記 ジュネーブモーターショーでお披露目されたフェラーリのスペシャルモデル「488ピスタ」に公道とサーキットで試乗。モータースポーツで得た技術を注ぎ込んで徹底的な軽量化とパワーアップを果たした最新モデルは、圧倒的なスピードと走りの快感をあわせ持っていた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(FR/8AT)【試乗記】 2018.5.3 試乗記 プレミアムブランドとしての復権をもくろむアルファ・ロメオが、満を持して投入したDセグメントのスポーツセダン「ジュリア」。新たに設定された280psのFRモデルに試乗し、新世代アルファの課題を浮き彫りにする。
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
ホームへ戻る