軽く、冷えて、止まるGT-R

2000.08.31 自動車ニュース
 
 
000831_045.gif

軽く、冷えて、止まるGT-R(8/31)

日本の宝、世界のスーパーカー、日産スカイラインGT-Rが、8月28日、マイナーチェンジを受けた。

マイナーチェンジの眼目は、Vspecに、量産車初のカーボン製エンジンフードを採用したこと。ノーマルGT-Rのスチール製と較べ、7kgも軽い約4kgとなった。「エンジンフードという車両前方かつ上方にある“大物部品”の軽量化を図ることで、前後重量配分をさらに理想へと近づけると同時に、重心位置も低下させ、いっそう軽快な回頭性を実現している」(GT-Rサイト)という。これに伴い、Vspecは、Vspec IIに進化した。エンジンフード左に設けられた、NACAダクトがspec IIのあかし。ターボチャージャー周辺温度を約4〜5度下げられるという。ターボユニットの熱ダレに有効であろう。首都高を何周しても、大丈夫?

GT-R全車のストッピングパワーが強化されたこともニュースだ。競技車ベース、Vspec N1のみに採用されていた大径リアブレーキを拡大採用。径が300mmから322mmへと大きくなった。制動力8.7%アップ、熱容量は15.2%アップしたという。これまた首都高を何周しても大丈夫?

内外装では、ターンシグナルランプのホワイト化、シートクロスの変更、アルミスポーツペダルの採用が新しい。センターコンソールもイリジウム調シルバーに変更された。ボディーカラーは、ホワイトパールとスパークリングシルバーの2色が追加された。

価格は、ノーマルが従来比5.0万円高の、504.8万円。Vspec IIが同15.0万円高の、574.8万円。Vspec II N1(N1レース用ベースマシン)が10.0万円アップの、609.8万円。
(web CG 佐藤)

日産自動車「スカイラインGT-R」サイト:
http://www.nissan.co.jp/GT-R/

 
 

関連キーワード:
GT-R日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 2017ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:NISMO/無限編)【試乗記】 2017.9.30 試乗記 日本メーカーのモータースポーツ活動を担う、NISMO/無限/TRD/STIが開発したチューニングカーに試乗。まず前編として、NISMOの手になる「GT-R」「ノート」「エクストレイル」と、無限のカスタマイズパーツを装着した「フィット」「ヴェゼル」の走りを報告する。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
ホームへ戻る