バンプラというよりコンチェルト「新ブルーバード」

2000.08.31 自動車ニュース
 
 
000831_047.gif

バンプラというよりコンチェルト「新ブルーバード」(8/31)

「web CG」既報の日産新型サルーン「ブルーバード シルフィ」が、8月30日に発表された。「細部にわたって上質。」と、やけに控え目なキャッチフレーズをもつニューモデル、ターゲットは50歳代の団塊世代の男性である。

風の精シルフィードに由来するサブネームをもつ新型車は、ブルーバードの名を冠するものの、ベースはサニー。2535mmのホイールベースはじめ、前マクファーソンストラット、後トーションビーム+ワッツリンクのマルチリンクビーム式サスペンションも共通だ。

「伸びやかなラウンドルーフフォルム」を謳うシルフィの外寸は、全長×全幅×全高=4470×1695×1445mmとサニーサイズ。明るい「カフェラテ色の内装が、上質な空間を表現」「木目調パネルが(中略)質の高い空間を演出」(日産)してくれる。目指すは上質な小型セダン。ミニとバンデンプラの関係というよりは、シビックとコンチェルトの間柄。

■ふたりに戻ったご夫婦に

エンジンは、1.5(105ps、13.8kgm)、1.8(120ps、16.6kgm)、2(150ps、20.4kgm)リッターの3種類。「先進の環境技術」(日産)がジマン。1.5リッター「QG15DE」ユニットは、平成12年基準排出ガス25%低減レベル、1.8リッター「QG18DE」は同75%(!)低減レベルを実現した。SRユニットに代わる2リター「QR20DD」ユニットは、排ガス浄化より燃費向上に主眼をおいたエンジン。10・15モード=16.4km/リッターとカタログには記載される。

組み合わされるトランスミッションは、1.5リッターが5MTと4AT、1.8リッターが4AT、2リッターが6段マニュアルモード付き無段変速機「ハイパーCVT-M6」である。

価格は、1.5リッターが154.9〜169.9万円。1.8リッターが176.4〜194.8万円。2リッターが206.2万円。仮想オーナーは、「夫:53歳。妻:51歳。二人の子供は独立し、現在は夫婦のみの生活。週末は共通の趣味である、ガーデニングを楽しむ。季節毎に旅行に出かけ、自然と満喫している」。以上。

(web CG アオキ)

【リンク】エンジン詳細は、「web CG 今日のニュース(7/28)」をご参照ください。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ブルーバードシルフィの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ティアナXV(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.5 試乗記 日産の世界戦略車のひとつである「ティアナ」が3代目にバトンタッチ。初代から続く、上質感や快適性はどのように継承されたのかをチェックした。
  • 日産シルフィ G(FF/CVT)【試乗記】 2013.3.6 試乗記 日産シルフィ G(FF/CVT)
    ……238万9800円

    日本におけるコアターゲットは「60代の、妻とふたり暮らしの男性」。長年セダンを乗り継いできた熱心なオーナーへ向け、日産がささげる「アガリの一台」は、どのようなクルマに仕上がっているのか。
  • 日産ティアナ(後編) 2014.1.20 画像・写真 3代目となる新型「日産ティアナ」の詳細な姿を、写真で紹介する。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 「日産スカイライン」に誕生60周年を祝う特別仕様車 2016.11.7 自動車ニュース 日産自動車は「スカイライン」にデビュー60周年を祝う特別仕様車「60thリミテッド」を設定し、販売を開始した。セミアニリン加工を施した本革シートやオープンポアウッドの装飾パネルなど、カタログモデルとは異なる内装を特徴としている。
ホームへ戻る