オーディオ、ナビ重点のホンダ特別仕様3車

2000.09.04 自動車ニュース
 
 
000904_006.gif

オーディオ、ナビ重点のホンダ特別仕様3車(9/4)

8月31日、アコードワゴン、HR-V、ステップワゴンに、特別仕様車が登場。眼目は、オーディオまわりの強化。内外装も変更された。

アコードワゴン「プライベートスタイル」は、2.3Viタイプをベースに、MDチューナーデッキと6連奏CDチェンジャーを装備したもの。内外装では、専用シート地のブラックインテリア、革巻ステアリング&シフトノブ、プライバシーガラス、ボディ同色のサイドシルガーニッシュがスペシャル装備。オーディオレス仕様もある。

HR-Vに用意されるのは、ナビゲーションを装備した「HR-Vナビプレイヤー」。ナビシステムには、CDプレイヤーとAM/FMカセットデッキ、TVチューナーが含まれるなど、「フル装備」だ。オートエアコン、プライバシーガラス、プリントTVアンテナも新しい。
さらに、新色ホワイトパールエディションも加わった。視覚に訴えかける特別色はウレシイ!

ステップワゴンには、デラクシータイプをベースに、CDプレイヤー、AM/FM電子チューナー付ハイパワーフルロジックカセットデッキを装備した「デラクシー2」が新登場。3本スポークステアリング、2列目シートにセンターアームレストが独自装備となるほか、専用ブラック内装も設定された。

価格は、アコードワゴン2.3Vi「プライベートスタイル」が、お値段据え置きの209.8万円。オーディオレス仕様は、204.8万円。4WDは20万円プラス。
HR-V「ナビプレイヤー」は、3ドアJタイプ5段MTが152.8万円。同J4タイプ(4WD)5段MTが170.8万円。5ドアJタイプ5段MTが164.3万円。同J4タイプ(4WD)5段MTが182.3万円。専用色ホワイトパールエディション仕様は3万円プラスになる。無段変速ATは86万円プラス。

ステップワゴン「デラクシー2」は、従来型デラクシーに対し価格据え置き。FFが196.0万円。4WDは218.0万円。コレはお買い得!(web CG やかん)

 
 

関連キーワード:
アコードステップワゴンホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • ホンダ、最上級セダン「レジェンド」をマイナーチェンジ 2018.2.8 自動車ニュース ホンダが最上級セダン「レジェンド」をマイナーチェンジ。運転支援システムに、渋滞時のドライバーの負担を軽減する新機能「トラフィックジャムアシスト」を採用した。ボディーやシャシーに改良を施すことで、運動性能や乗り心地の改善も図っている。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • 5人で寝られる「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」登場 2018.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年2月2日、「メルセデス・ベンツVクラス」のモデルラインナップに「V220dマルコ ポーロ ホライゾン」を追加設定し、同日、注文受け付けを開始した。納車は同年7月ごろとなる見込み。
ホームへ戻る