第153回:どうなる「超小型モビリティー」 新型1人乗り超小型電気自動車「コムス」を体験試乗

2012.07.05 エッセイ

第153回:どうなる「超小型モビリティー」新型1人乗り超小型電気自動車「コムス」を体験試乗

トヨタ車体が2012年7月2日に販売を開始した、1人乗りの超小型電気自動車「コムス」。
東京・お台場にあるトヨタ自動車のアミューズメント施設「MEGA WEB(メガウェブ)」で記者発表会と試乗会が開催された。
折しもこの6月、国土交通省が「超小型モビリティー(自動車よりコンパクトで小回りが利き、環境性能に優れ、地域の手軽な移動の足となる1人〜2人乗り程度の車両) 導入に向けたガイドライン」を発表したばかりで、この小さな電気自動車に対する関心が高まっている。

コックピットがカッコいい

「関心が高まっている」などと、さも“世間が”のように書いてしまったが、関心を高めちゃっているのは、私個人である。
私は昔から小さい乗り物が好きで、いや乗り物だけでなく、なんでも小さい物に興味を持ってしまうタチなのだ。
食べものも、マグロよりもシシャモが好きだし。

それはともかく、「コムス」だ。
実車を見てまず感じたのが、「お、カッコいいコックピット!」ということである。
3本スポークのステアリングホイールと、その脇にチラリと見えるシルバーのパイプ。
それに1座席のみのシートというたたずまいが、なんとなくゲームセンターにあるレーシングゲームの筐体(きょうたい)みたいなのだ。

一瞬、100円玉を入れる場所を探したくなる。

配達などの仕事で「コムス」を使う人も、乗り込む時にこのコックピットを見ると、ちょっと楽しくなるだろう。

そして、そのコックピットに備わるのが、「コムス」のまさに生命線、充電コードの差し込み口である。
トヨタの「プリウスPHV」や「日産リーフ」などの充電口は「充電ポート」と呼ばれるが、「コムス」の場合はそういう「専用」っぽい形状ではなく、デスクトップパソコンの電源ケーブルを差し込むコネクターとおんなじ形状だ。
このコネクターに電源コードを差し込みコンセントとつなぐと、家庭用100V電源から約6時間で満充電となり、市街地走行でおよそ50km走ることができるそうだ。

ひょっとすると、荷台に市販のガソリン式発電機を積んで充電しながら走れば「シリーズ式ハイブリッド」になるんじゃないかなと思い、近くにいたトヨタ車体のスタッフに聞いてみたところ「いやー、うーん、それはー……」と返事に困っておられたので、そういう使用方法は想定されていないようだ(当たり前だけれども)。

トヨタ車体の新型「コムス」。
第153回:どうなる「超小型モビリティー」 新型1人乗り超小型電気自動車「コムス」を体験試乗
ゲームセンターのレーシングゲームみたいなコックピット。
第153回:どうなる「超小型モビリティー」 新型1人乗り超小型電気自動車「コムス」を体験試乗
でも、シートベルトが付いているのでゲームではない。
第153回:どうなる「超小型モビリティー」 新型1人乗り超小型電気自動車「コムス」を体験試乗
ごく普通の「電源コード」で充電できる。
第153回:どうなる「超小型モビリティー」 新型1人乗り超小型電気自動車「コムス」を体験試乗

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ