スズキ・スイフトにMTモデル登場!82.3万円から

2000.09.05 自動車ニュース
 
 
000905_008.gif

スズキ・スイフトにMTモデル登場!82.3万円から(9/5)

9月1日、スペシャリティ軽「kei」のボディに、保守的フェイスを与えた、小型乗用車「スズキ・スイフト」に、MTモデルが登場! 最廉価グレードの「SE-Z」は、従来より19.5万円も安い、82.3万円。新開発1.3リッターユニットは、「2WDで18.6km/リットル。4WDで18.0km/リットルの低燃費」(広報)を実現したという。もちろん、ATモデルもある。

車体は、新欧州安全基準に基づく社内テストをパスした軽量衝撃吸収ボディTECTを採用。

主な装備は次の通り。
運転席・助手席SRSエアバック、エアコン、パワーステアリング、キーレスエントリー、パワードアロック、抗菌インテリア等。基本は抑えられている。
価格は、2WD5段MTが82.3万円。同4段ATが89.8万円。4WD5段MTが94.3万円。同4段AT101.8万円。(web CG やかん)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スイフトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • スズキ・スイフトXS-DJE(FF/CVT)【試乗記】 2013.10.1 試乗記 デュアルジェットエンジンを採用し燃費性能の向上をはかった「スズキ・スイフト」。高速道路と一般道でその性能を確かめた。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
ホームへ戻る