アウディ、A4およびS4の装備を充実

2000.09.06 自動車ニュース
 
 
000906_011.gif

アウディ、A4およびS4の装備を充実(9/6)

アウディジャパンは、同社の基幹モデルであるA4および、そのハイスペックラインともいえるS4の装備を充実。また、一時輸入が止まっていた4WDモデル、A4 1.8Tクワトロの輸入を再開した。

A4 1.8Tは、1982年にWRC(世界ラリー選手権)チャンピオンカーに輝いた「クワトロ」の名にふさわしい、「スポーティ」を強調したモデルとなる。具体的には、スポーツサスペンションで足まわりを硬め、専用デザインのアルミホイールには205/55R16のタイヤが装着される。インテリアでは、オンボードコンピューターが装備され、ホワイトメーターが採用された。ブリリアントイエローといった派手な色も設定、スペシャル性をうったえる。価格は、399.0万円。A4シリーズ唯一のマニュアルモデル(5MT)である。

従来からのA4、A4アバントに新たに標準装備されたのは、スポーツステアリングホイール、スポーツシート、スポーツサスペンションなど、「スポーツ」のオンパレード。確定しきれなかった「アウディ」のブランドイメージを、「スポーティ」に収束したいのだ。

S4には、アンチスピンデバイス「ESP」をはじめ、レカロ製スポーツシート、アルミ製ドアミラーなどが標準で装備される。今後、「スポーツ」のインフレが心配される。

価格は、A4 1.8=355.0万円(+2.0)/A4 2.4=430.0万円(0)/A4 2.4クワトロ=475.0万円(+3.0)/A4 アバント1.8=372.0万円(+2.0)/A4 アバント2.4クワトロ=492.0万円(+3.0)/S4=748.0万円(+21.0)/S4アバント=765.0万円(+21.0)。()内は、装備充実前との価格差。(web CG やかん)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.3.5 試乗記 満を持して日本に導入された新型「アウディA4」。252psの高出力エンジンと、アウディ自慢のフルタイム4WDシステム「クワトロ」を搭載した上級グレード「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗し、従来モデルからの進化のほどと、走りの実力を確かめた。
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
ホームへ戻る