マツダMPV福祉車両が登場

2000.09.11 自動車ニュース
 
 
000911_016.gif

マツダMPV福祉車両が登場(9/11)

マツダは、ピープルムーバー「MPV」に、助手席回転、電動昇降機構を搭載した「助手席リフトアップ仕様」を設定、9月7日から発売した。

車いす利用者の方を乗せる場合、レバー操作で助手席を90度回転させ、車両外側に手で引き出す。昇降はリモコン操作で行なう。最下降させると、シート座面高は地上50センチになる。車いす利用者や介護者の負担軽減につながろう。

ベーシクタイプ2リッター車「B」を除く全車種に設定。価格は、持ち込み登録の扱いで、ベース車両から49.8万円アップの256.4万円〜333.4万円。なお、写真は標準車のもの。(web CG やかん)

 
 

関連キーワード:
MPVマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダMPV 23T(FF/6AT)【試乗記】 2006.3.20 試乗記 マツダMPV 23T(FF/6AT)
    ……389万2000円

    V6の印象が強かったマツダのミニバン「MPV」だが、今回は4気筒のみのエンジンラインナップである。高性能版には、直噴ターボが用意された。ドライビングの楽しさと快適な乗り味を両立させた、と謳っている。


  • マツダMPV 23C(FF/4AT)/23Cスポーティパッケージ(FF/4AT)【試乗記】 2006.3.2 試乗記 マツダMPV 23C(FF/4AT)/23Cスポーティパッケージ(FF/4AT)
    ……344万6500円/368万8000円

    マルチパーパスヴィークル(MPV)をそのまま車名にした、このセグメントの草分け的存在の「マツダMPV」がフルモデルチェンジ。スポーティなミニバンという差別化を図った新型だが、リポーターは意外なところに注目することになった。


  • マツダMPV Sports 2.3リッター/3リッター(4AT/5AT)【試乗記】 2002.5.15 試乗記 マツダMPV Sports 2.3リッター/3リッター(4AT/5AT)
    ……308.8/329.3万円

    “バタ臭い”というか、どうも違和感を禁じ得ないマツダのTVコマーシャル。指を鳴らしながらジャジーに(?)歌ったり、車内でダンスのステップを踏んだり、「なんかズレてない?」と日頃感じているwebCG記者が、ビッグマイナーチェンジを受けたMPVに乗りに行った。


  • 谷口信輝の新車試乗――トヨタ86 GR(後編) 2018.5.10 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が「86 GR」に試乗。TOYOTA GAZOO Racingがノウハウを注ぎ込んだ、コンプリートカーの仕上がりは? 86に詳しいプロフェッショナルの視点からリポートする。
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
ホームへ戻る