マツダ「デミオ」に新グレード追加

2000.09.14 自動車ニュース
 
 
000914_023.gif

マツダ「デミオ」に新グレード追加(9/14)

9月12日、マツダは、同社の“米クルマ”たる「デミオ」に新グレードを追加、加えて一部車両を改良し、さらなる収穫を狙う。

新設定の「アレッタ」は、1.5リッターモデルに、エアロパーツやルーフアンテナ、本革巻ステアリングホイールなどでお化粧した、スポーティなルックスがウリのグレードだ。価格は、145.9万円(5MT)と154.9万円 (4AT)。

デミオ全車における改良は、フラッグシップ「ミレーニア」にならい、センターピラーに発泡充てん剤を封入、さらに補強材を追加し、側面衝突時の安全性を向上させた。また、1.3リッターエンジンの触媒を二層構造化し、取付け位置をエンジン近くにしたことで、排ガスの浄化性能が高まったという。なお、従来全車に標準装備していたルーフレールは廃止された。

1.3リッター「L」(5MT)の99.9万円から、1.5リッター「アレッタ」(4AT)の154.9万円まで。

マツダ「デミオ」サイト:
http://www.demio.mazda.co.jp/

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • マツダ・デミオ13S(FF/6AT)【試乗記】 2014.11.10 試乗記 デビュー以来、好調なセールスが伝えられる4代目「マツダ・デミオ」。このクルマならではの魅力はどこにあるのか? ガソリン車の中間グレード「13S」で探った。
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る