ルノー・ラグナII、発表される

2000.09.18 自動車ニュース
 
 
000918_025.gif

ルノー・ラグナII、発表される(9/18)

■セダンとステーションワゴン
ルノーのミドルセダン、ラグナの新型が発表された。
「X74」と呼ばれるプロジェクトから生まれたのは、フランス車らしいハッチをもつセダンと、ステーションワゴンの2車種。フランスはパリ郊外に設立された「ルノー・テクノセンター」で開発される初のモデルとなったラグナIIは、可能な限りプロジェクトメンバーと施設を集約することで、先代より17カ月短い、41カ月で開発を終えることができたという。生産は、ノルマンディーに位置するサンドゥヴィル工場で行われる。

■豊富なドライブトレイン
ニューラグナのスタイリングは、先代のイメージを引き継ぎながら、よりシャープに、斬新なデザインとなった。全長がわずかに延びて4.58mとなった5ドアセダンは、言われなければ気づかないほど、みごとにハッチゲイトをリアビューにとけ込ませた。

「グラフィックなリアスタイルが特徴」と謳われるニューワゴンは、ボテッとした先代に較べ、ずっとスタイリッシュだ。環境と軽量化のため、ニューラグナのフロントフェンダーはノリルプラスチック、ボンネットはアルミ製となった。

エンジンは、1.6(110ps)、1.8(120ps)リッターの直4と、3リッターV6(210ps)、そしてコモンレール式1.9リッターディーゼル(105ps/ターボ=120ps)。さらに2001年上半期には2リッター「ガソリン直噴」ユニット(140ps)、同年中頃には2.2リッターディーゼル(135ps)が加わる予定だ。

組み合わされるトランスミッションも豊富で、5MTと学習機能付き4ATをメインに、V6モデルには5ATが、1.9リッターディーゼルターボには6MTが用意される。さぞやスポーティなディーゼル車となることでしょう。

足まわりも刷新。フロントのマクファーソンストラットは10kg軽減され、リアはトレーリングアームからトーションビームになった。

■忘れると出かけられない
安全装備に関しては、膨張率を変化させるエアバッグ、衝撃に細かく対応するプリテンショナー付きシートベルトなどがそれ。衝突時にブレーキペダルの軸を破壊、脚部へのダメージを少なくする「ブレーキペダル・フロアリングシステム」も新しい。アンチスピンデバイスESPやブレーキアシストシステムも採り入れられた。各タイヤにはミシュラン特許の空気圧センサーが装着され、リーク、スローパンクチャーを監視する。

ラグナIIオーナーの気持ちをくすぐるのが、「ルノーカード」とよばれるクレジットカート大の特殊なキー。リモコンボタンでドアなどを開閉できるのはもとより、センターコンソールの挿入口に差し込んでセキュリティを解除、発進を可能にする機能をもつ。また、シートポジション、ミラー、ラジオなどの設定位置ほか、ガソリン残量、オイルレベル、空気圧まで記憶する。ハイグレード版では、カードを持ったオーナーが近づくとセンサーが検知、ドアノブに触れるだけで鍵が開き、クルマから降りると自動的にロックされるという。出かけるときは忘れずに。

ラグナIIの、日本への導入は未定である。

(web CG アオキ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ラグナ5ドアV6(5AT) 【試乗記】 2003.1.24 試乗記 ルノー・ラグナ5ドアV6(5AT)
    ……365.0万円

    日本市場において、ドイツ御三家に迫る勢いのフランス車メーカー「プジョー」を横目に、販売台数が伸び悩むかつての国営メーカー「ルノー」。ラインナップを拡充し、ライバルを追う。前衛的なミニバン「アヴァンタイム」に続いて、ハンサムなミドルサルーン「ラグナ」が投入された!


  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
ホームへ戻る