世界に誇る「ホンダ・スーパーカブ」がマイナーチェンジ

2000.09.19 自動車ニュース
000919_028.gif

世界に誇る「ホンダ・スーパーカブ」がマイナーチェンジ(9/19)

「世界の下駄」ホンダ・スーパーカブ90が、2000年9月14日、国内の排出ガス規制適合モデルとなって生まれ変わった。
 4ストロークSOHCエンジンはその特性上、燃焼効率が高く、排出ガス成分も2ストロークなどに比べて少ないが、今回最適なキャブレターセッティングとブローバイ還元システムの採用により、より一層クリーンになり、上記規制に適合したわけである。

新型カブのグレードはデラックスとカスタムの2タイプ。デラックスには大型リアキャリアが、カスタムにはセルフ式スターターと角型ミラーが装備される。

スーパーカブはすでに規制適合されている50に加えて今回の90の登場ですべてが規制適合車になったことになる。1958年の初代モデル発売以来、生産累計約2850万台を記録しているスーパーカブだが、これからも世界中で活躍することだろう。
(web CG やかん)

ホンダモーターサイクルサイト:
http://www.honda.co.jp/motor/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。