ツインリンクもてぎに空の祭典登場

2000.09.25 自動車ニュース
000925_034.gif

ツインリンクもてぎに空の祭典登場(9/25)

ツインリンクもてぎ(栃木県芳賀郡)で10月20日から22日の3日間、「2000年アエロバティックス日本グランプリ」が開催される。

アエロバティックスとは、競技専用の小型プロペラ機が、音楽に合わせてスモークを効果的に使いながら、旋回、宙返り、失速など高度な技術を駆使して飛行を行ない、芸術点、技術点を競う競技。個人種目と団体種目があり、大会は予選、決勝で行なわれ、決勝はパイロットが選んだ音楽に合わせて演技する。演技時間は個人飛行の場合、最大4分。団体飛行の場合12分以上15分以内にもなる。
競技空域は個人飛行、団体飛行ともに最低高度が100メートル以上、最高高度1000メートル以下、幅1000メートル以内と設定されていて、地表ギリギリの演技も期待できる。

アエロバティックスは、1960年に第一回大会が始まり、ツインリンクもてぎでは1998年より開催されるようになった。使用する機体は特別に設計されたもので、ボディにはカーボン複合素材が使用され、機体重量を軽減し、±10Gにも及ぶ荷重にも耐えられる強度剛性を備えている。また、あらゆる飛行姿勢でも、エンジンオイルが途切れなく供給される設計になっている。

日程は、20日がオープニングセレモニーと公式練習。21日が予選競技とエキシビション。最終日22日が決勝競技とエキシビションになる。
料金は、3日間通し券で3500円、1日券が2500円。その他詳しい料金等は公式ホームページを参照。

web CGでは、このイベントの3日間通し券を2名の方にプレゼント予定。近い内に応募方法を発表する予定なので、定期的にチェックして欲しい。
(web CG やかん)

ツインリンクもてぎ公式サイト:
http://www.twinring.co.jp

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。