BMWからNewカテゴリー車 X5 4.4i登場

2000.09.28 自動車ニュース
 
 
000928_041.gif

BMWからNewカテゴリー車 X5 4.4i登場(9/28)

「SAV」というなにやら聞き慣れないコンセプトのクルマがBMWより登場した。ただの新しいコンセプトで終わるのか、新たな息吹を吹き込むのか。注目の中、導入されるのはX5 4.4iというモデルだ。

SAVとは「スポーツ・アクティビティ・ビークル」の略。従来のSUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)カテゴリーと異なるのは、BMWの乗用車各モデルが持つプロダクトコンセプトに、SUVのユーティリティーを融合。4輪駆動性能に加え、グラウンドクリアランスを確保した車高、高いドライバーポジションなどを特徴とし、オンロード/オフロード、双方の走破性能を高めたモデルに仕上げたとBMWはいう。オフロードにも適した5ドア、5シートのスポーツワゴンというわけだ。

X5に搭載される駆動システムはいうまでもなく、フルタイム4輪駆動。通常のフロントに38パーセント、リアに62パーセントのトルク配分は、スポーティーなハンドリングと優れた走行安定性を目指したもの。重量配分は前後50:50という。
サスペンションは、X5専用の新設計で電子制御エアスプリングと組み合わせている。4輪独立懸架を採用しているので、リジッドサスペンションが多いSUVとは異なり、快適性も期待できる。

エンジンは、540iと同じ4.4リッターV型8気筒エンジンを搭載。5400rpmで最高出力210kW(286ps)、3600rpmで最大トルク440Nm(44.9kgm)を獲得。BMW独自のトラクションコントロールと連動しており、ここでも確実なドライバビリティを目指す。

衝突対策でもSUVの上を目指す。ボディ自体が一般のSUVのようなラダーフレーム構造ではなく、剛性が確保できるモノコック構造を採用。万一の衝突時でも、高剛性鋼板を採用したセーフティセルによって、乗員の生存空間を確保するという。

日本への導入は右ハンドル・5段ATトランスミッション。10月1日より、全国の正規ディーラーで販売を開始。価格は、835.0万円。ボディーラーは11色が用意されている。

(web CG やかん)

BMW公式サイト: http://www.bmw.co.jp
BMWインフォメーション:フリーダイヤル 0120-170800

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

X5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW X5 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2014.1.8 試乗記 プレミアムSUVのパイオニア「BMW X5」が、通算で3代目となる新型に移行した。外観からは「キープコンセプト」に見える今回のモデルチェンジは「攻め」か「守り」か? 3リッターディーゼルエンジンを搭載する「X5 xDrive35d Mスポーツ」で箱根のワインディングロードを目指した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る