ダイハツ・アトレーワゴンにオーディオ充実特別仕様車

2000.10.02 自動車ニュース
 
 
001002_002.gif

ダイハツ・アトレーワゴンにオーディオ充実特別仕様車(10/2)

軽のワンボックスワゴンでありながら、「乗用車としての優れた走行性能と乗り心地、ゆったりとした室内スペース」をウリにするアトレーワゴンに特別仕様車「Sエディション」が登場した。

Sエディションは、スポーティな外観を持つ「カスタム」「カスタムターボ」をベースに、2DINタイプのCDプレイヤー付きAM/FMカセットステレオと16cmのフロントスピーカーを搭載するのが特徴。他にも13インチアルミホイール、電動格納式メッキドアミラーも注目される装備だ。

アトレーワゴンは、1999年6月に発売された軽自動車新規格対応セミキャブオーバー型ワゴン。エアコン、パワーステアリング、パワーウィンドウ、パワードアロック、キーレスエントリー等を標準装備するほか、クラス唯一の、左右独立前後合計300ミリスライド&18段階リクライニング・リアシートを最大の目玉としている。特にシートアレジメントは、前席とのコンビネーションでフルフラットになるほか、多彩な展開を売り物にしている。

2WD、4WDの2種類の駆動システムそれぞれに「カスタムSエディション」と「カスタムターボSエディション」の2グレードを用意。ギアボックスは全モデルが5段MTとコラムATの2種類が選べる。

価格は以下のとおり。2WDカスタムSエディション=120.2万円(5MT)/126.6万円(3AT)。
2WDカスタムターボSエディション=132.0万円(5MT)/
140.0万円(4AT)。
4WDカスタムSエディション=131.5万円(5MT)/137.9万円(3AT)。
4WDカスタムターボSエディション=143.3万円(5MT)/
151.3万円(4AT)。
すべて従来モデルに比べて3.1万円高となる。

web CG サイトの新車データベースに、従来モデルの解説が紹介されているので、参考にしていただきたい。
(web CG やかん)

ダイハツ @ WEB:http://www.daihatsu.co.jp/

 
 

関連キーワード:
アトレーワゴンダイハツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.1.25 試乗記 スズキの新型車「クロスビー」がデビュー。ワゴンとSUVのクロスオーバーとうたわれるニューモデルとはいえ、第一印象はどう見てもデカい「ハスラー」だが……。試乗を通じて見えてきた“兄貴”ならではの魅力を報告する。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(後編)【試乗記】 2017.8.9 試乗記 ダイハツとスズキのクルマづくりを具現したかのような「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。公道での比較試乗を通して両モデルのキャラクターの違いを浮き彫りにするとともに、これからの軽自動車開発のあり方について考えた。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
ホームへ戻る