大排気量オートバイ、ホンダCB1300がマイナーチェンジ

2000.10.03 自動車ニュース
001003_007.gif

大排気量オートバイ、ホンダCB1300がマイナーチェンジ(10/3)

迫力ある直列4気筒のフォルムが特徴のロードスポーツバイク「CB1300 SUPER FOUR」が各部の熟成と軽量化を施され、2000年9月28日から発売された。

眼目は従来車比5kgの軽量化。1300cc・車重270kgに対し-5kgの軽量化は微妙なところだが、軽量箇所を見ると効果の程がわかる。
フロントブレーキキャリパーを6ポットから、同社のスーパースポーツモデルVTR1000 SP-1用の異型4ポットキャリパーに変更。スーパースポーツ用だけに4ポットでも優れたコントロール製を発揮する、というのがホンダのいい分。軽量化にもつながる。
フロントブレーキのディスクハブ、フロントダンパーロッド、リアサスペンションのリンクプレートをアルミ化。チェンジペダル、ブレーキペダルもアルミ化された。さらにリアホイールのリムと、エキゾーストパイプの二重管アウターパイプを肉薄化。軽量化は7割が足周りに集中している。
その他、ハンドル形状も変更された。

カラーリングはブラック(ストライプパターン)を新たに追加。フォースシルバーメタリック、パールフェイドレスホワイト×キャンディブレイジングレッドと合わせ3色から選択可能になった。
価格は96.0万円と、従来価格より1万円アップ。
ホンダCB1300サイトでは、開発ヒストリーや、インプレッション等が紹介される。

(web CG やかん)

CB1300 SUPER FOURホームページ:
http://www.honda.co.jp/CB1300SF/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。