ホンダ・アヴァンシアに特別仕様車「フリーウェイ」登場

2000.10.03 自動車ニュース
 
 
001003_009.gif

ホンダ・アヴァンシアに特別仕様車「フリーウェイ」登場(10/3)

名実ともにシビックの兄貴分、アヴァンシアにフリーウェイというグレードが登場。2000年9月28日から発売された。充実した装備とスポーティーな外観がウリ。

フリーウェイはアヴァンシアのLタイプ(2.3リッターFF)とL-4タイプ(2.3リッター4WD)がベース。
オーディオシステムと内外装が特別仕様になる。
アヴァンシアのインテリア空間に合わせて専用設計したプレミアムサウンドシステムに、6連奏CDチェンジャーが付く。高音域を美しく奏でる倍音再生システムと合わせて、艶と深みのあるサウンドを堪能できるという。
内装では本革巻きのステアリングホイールを採用。色調は内装色(クォーツグレー、ベージュの2色)に合わせてワントーンでまとめている。
外装ではボディカラー共通のフロントグリルを採用し統一感のあるフロントマスクに。L-4タイプに標準装備されていたスモークタイプサブリフレクターヘッドライトも採用された。
グレータイプのプライバシーガラスがトップライト・テールゲート・リアサイド・リアクォーターウインドに装備され、熱線・紫外線をカットする。

ボディカラーは専用色で「インディゴブルーパール」「ファイアーレッドパール」が追加され計5色になる。

価格は、イマイチの人気を反映してか、据え置き。FFのLタイプが223.5万円。4WDのL-4タイプが249.5万円(いずれも東京地区価格)。

web CG サイトのロードインプレッション2000年8月16日付けで、V-4タイプ(5AT)をweb CG アオキがブリーフテストしているので、参考にしていただきたい。
(web CG やかん)

アヴァンシアホームページ:http://www.honda.co.jp/AVANCIER/

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・アコードツアラー 24TL スポーツスタイル(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2009.2.10 試乗記 ……389万4500円
    総合評価……★★★★★

    フルモデルチェンジで8代目になった「ホンダ・アコード」シリーズ。ボディを大型化し、全方位的に上質にしたという新型の実力を、アコードワゴンあらため「ツアラー」で試す。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
ホームへ戻る