日産サニーが一部改良

2000.10.03 自動車ニュース
 
 
001003_008.gif

日産サニーが一部改良(10/3)

2000年9月29日、日産サニーがオーディオシステムを充実するなどの改良を受けた。

一部改良されたのは「EXサルーン」と「スーパーサルーン」。EXサルーンにはカセット一体AM/FM電子チューナーラジオを装備。スーパーサルーンにはCDデッキを装備。加えてリモートエントリーシステムに作動確認機能を追加装備した。
エクステリアの変更は両車共通で、メッキ仕様のアウトサイドドアハンドルを採用し、車体色に明るい「シャンパンシルバー」を追加した。

価格は、全て据え置き。2WD EXサルーンが130.1万円〜159.0万円。2WD スーパーサルーンが153.6万円〜187.2万円。4WDはEXサルーンが157.6万円〜162.6万円。スーパーサルーンが176.0万円〜181.0万円になる。

今週末2000年10月7日、8日に発表展示会があるので気になる方は近くの販売店に行かれてみては。
web CG サイトの新車データベースに、従来モデルの解説が紹介されているので、参考にしていただきたい。
(web CG やかん)

日産自動車ホームページ:http://www.nissan.co.jp/

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産、新型「サニー」で世界基準をめざす 1998.10.21 自動車ニュース 日産自動車は「サニー」をフルモデルチェンジし、10月20日より発売した。新開発のプラットフォーム、新エンジンなど、さまざまな面で新しくなった9代目だ。新型「日産サニー」は、 テレビCFで紹介してきた「新世代プラットフォーム」を用いたモデルだ。日産では今後プラットフォームの数を減らして車種開発の合理化をはかることを計画しており、新型「サニー」は第一弾となる。ちなみにプラットフォームとはフロアパネルとエンジンやシャシーなどで構成される機能部品のまとまりのことと日産では定義している。新型「サニー」はオーソドクスな4ドアボディをもっており、日産では「サニーらしいトラディショナルなスタイリングを継承」と説明している。全長x全幅x全高は4345x1695x1415mmで、ホイールベースは2535mm。500ナンバー枠ぎりぎりのサイズだ。エンジンは1.3リッターから1.8リッターまで5種類が用意される。なかでも1.5リッター直4NEO「QG15DE」(105ps)や、1.8リッター直噴ガソリンNEO Di「QG18DD」(130ps)は新開発となっている。この1.8リッターエンジンには無段変速機「Hyper CVT」が組み合わせられ、性能と燃費の両面における向上が謳われている。安全面では車体構造を大幅に見直して衝撃吸収性能を向上させたことに加え、追突をされたとき前席乗員の頚部損傷を軽度におさえるための「前席アクティブヘッドレスト」の採用が新しい。モデルラインナップは1.3リッターNEO「QG13DE」エンジン搭載の「FE」(5MT/102.6万円)からNEO VVL「SR16VE」搭載の「VZ-R」(187.2万円)で、さらにNEO「QG15DE」搭載の4WDモデル(132.8万円から178.8万円)が加わる。価格は従来型から据え置きとなっている。お台場のホテルグランパシフィックメリディアンで行われた発表会の席上で、日産自動車の塙義一社長は「新型サニー」と新世代プラットフォームに触れ、「サニーのクラスともうひとつ上のクラスは今回のプラットフォームに統合していく。これで開発期間が短縮し、マーケットにどんどん商品を出すメリットとなる。最近はコンパクトサイズのクルマが(市場で)主流になっている。新型サニーはこのクラスの世界水準でありたい」と語った。同時に、「これからしばらくの間、毎月のように新車を出していく。(それによって)日産は元気になったと思われたい」と抱負を述べた。これは私の持論だけれど、スタイリングで際立ったクルマはシロウトでも絵で描けるような特徴を備えているものだ。どこかしら印象に残る特徴をもっている。新型サニーはというと、目をつぶってもその姿が浮かんでこない。「オーソドクス路線」と日産では言うが、これは無個性の言い換えである。発表会場でトヨタ(とおぼしきメーカーの)技術者が「トランクルームにはゴルフバッグが4つ入るのか」と感心していたが、我われが乗りたくなるクルマってそれだけではないだろう、と思うのだ。それと安全性が高くなったというぶん、サイドシルが高くなってBピラーが太くなって乗降性は悪くなった。サニーよ、おまえもか、である。(Web CG オガワ)
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
  • 第3回:ファミリーセダンとしての実力は?
    スーザン史子さんが語る「CTS」の日常性能
    2017.7.3 NewキャデラックCTSセダン日常劇場<PR> マイナーチェンジを受けてより魅力的に進化した「キャデラックCTS」。その実力をさまざまな角度から4回に分けてリポートする。第3回はモータージャーナリストのスーザン史子さんが登場。新しいCTSの日常性能を女性の目線で語ってもらった。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
ホームへ戻る