日産サニーが一部改良

2000.10.03 自動車ニュース
 
 
001003_008.gif

日産サニーが一部改良(10/3)

2000年9月29日、日産サニーがオーディオシステムを充実するなどの改良を受けた。

一部改良されたのは「EXサルーン」と「スーパーサルーン」。EXサルーンにはカセット一体AM/FM電子チューナーラジオを装備。スーパーサルーンにはCDデッキを装備。加えてリモートエントリーシステムに作動確認機能を追加装備した。
エクステリアの変更は両車共通で、メッキ仕様のアウトサイドドアハンドルを採用し、車体色に明るい「シャンパンシルバー」を追加した。

価格は、全て据え置き。2WD EXサルーンが130.1万円〜159.0万円。2WD スーパーサルーンが153.6万円〜187.2万円。4WDはEXサルーンが157.6万円〜162.6万円。スーパーサルーンが176.0万円〜181.0万円になる。

今週末2000年10月7日、8日に発表展示会があるので気になる方は近くの販売店に行かれてみては。
web CG サイトの新車データベースに、従来モデルの解説が紹介されているので、参考にしていただきたい。
(web CG やかん)

日産自動車ホームページ:http://www.nissan.co.jp/

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

サニーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 第5回:HOTでCOOLな「CTS-V」がわが家にやってきた!
    649psのスーパーセダンの週末性能を探る
    2017.3.17 特集 キャデラックCTSと過ごす毎日を、さまざまな角度からリポートする連載「キャデラックCTSセダン日常劇場」。今回の主役は「CTS-V」である。このスーパーセダンでwebCG編集部員が家族とドライブに出掛け、ファミリーカーとしての性能を探る!
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る