シューマッハー、鈴鹿で3度目のタイトル獲得

2000.10.10 自動車ニュース
001010_021.gif

シューマッハー、鈴鹿で3度目のタイトル獲得(10/10)

10月8日、F1第16戦日本GP決勝が、三重県・鈴鹿サーキット(1周5.86km)を53周して行われた。優勝は、ミハエル・シューマッハー(フェラーリ)。最終戦マレーシアGPを待たずして、1994年、95年以来5年ぶり3度目のタイトル奪取に成功した。フェラーリドライバーがチャンピオンを獲得するのは、1979年ジョディ・シェクター以来、21年ぶり。

史上2人目の3年連続チャンピオンを狙っていたミカ・ハッキネン(マクラーレンメルセデス)は、中盤までレースをリードするも、2回目のピットストップでシューマッハーにかわされ2位に終わった。3位にはマクラーレンのデイヴィッド・クルタードが入賞。フェラーリのコンストラクターズタイトル獲得を辛うじて阻んだ。

8年ぶりの地元GPにのぞんだホンダは、ジャック・ヴィルヌーヴ(BARホンダ、写真)が6位に入賞し、1点を獲得。同チームをコンストラクターズランキングで5位に押し上げた。

次回は2000年シーズン最終戦、マレーシアGPが10月22日に行なわれる。(web CG 有吉)


■第16戦日本GP結果
1位 ミハエル・シューマッハー(フェラーリ)
2位 ミカ・ハッキネン(マクラーレンメルセデス)
3位 デイヴィッド・クルタード(マクラーレンメルセデス)
4位 ルーベンス・バリケロ(フェラーリ)
5位 ジェンソン・バトン(ウィリアムズBMW)
6位 ジャック・ヴィルヌーヴ(BARホンダ)

■第16戦終了時のドライバーズランキング
1位 ミハエル・シューマッハー 98点(チャンピオン決定)
2位 ミカ・ハッキネン 86点
3位 デイヴィッド・クルタード 67点
4位 ルーベンス・バリケロ 58点
5位 ラルフ・シューマッハー 24点

■同コンストラクターズランキング
1位 フェラーリ 156点
2位 マクラーレンメルセデス 143点
3位 ウィリアムズBMW 36点
4位 ベネトンプレイライフ 20点
5位 BARホンダ 18点

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。