スバル プレオ、一部改良

2000.10.11 自動車ニュース
 
 
001011_022.gif

スバル プレオ、一部改良(10/11)

富士重工は、軽ワゴン車「スバル プレオ」シリーズを一部改良して2000年10月6日より発売した。燃費、排ガス浄化性能の強化がメインの変更である。

この変更により全車種「平成12年排出ガス規制」をクリア。スーパーチャージャーを搭載する「RM」「RS」「ネスタRG」を除く車種は2010年度の新燃費基準にも適合する。
マイルドチャージエンジン搭載車にはi-CVT(自動無段変速機)の変速パターンを低燃費モードにする「エコスイッチ」を装備した。通常モードに比べ、10〜12パーセント低いエンジン回転になるように電子制御するという。

装備の充実もされた。「LS」モデルでは、スポーティーバンパーとサイドスポイラー/ルーフスポイラーが装備され、スタイリングを引き締める。3連奏CDチェンジャー&カセットステレオ/MDプレイヤーが装備された点も要注目。その他のモデルにも細かい変更が加えられている。

主要モデルの価格は、
Fモデル:2WD/5MT 85.0万円(i-CVT6.5万円+)
Lモデル:2WD/5MT 89.5万円(i-CVT6.5万円+)
LMモデル:2WD/5MT 102.5万円(i-CVT8.5万円+)
LSモデル:2WD/5MT 106.5万円(i-CVT8.5万円+)
RSモデル:2WD/スポーツシフトi-CVT 119.5万円
      4WD/スポーツシフトi-CVT 127.0万円
RMモデル:2WD/スポーツシフトi-CVT 127.5万円
      4WD/スポーツシフトi-CVT 137.9万円

(web CG やかん)

2000年10月11オープン予定プレオ専用サイト:
www.pleo-fun.com/

富士重工(株)サイト:
www.subaru.co.jp/index.htm

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スバルR2 S(CVT)【ブリーフテスト】 2004.2.2 試乗記 ……141.0万円
    総合評価……★★★

    (室内)寸法競争と決別し、デザイン重視でつくられた軽コミューター「スバルR2」。スーパーチャージドユニットを積む「S」グレードに乗った別冊CG編集室の道田宣和は、質感の高さに驚くものの……。


  • スバルR1S (FF/CVT)【試乗記】 2006.2.16 試乗記 スバルR1S (FF/CVT)
    ……153万3000円

    2+2の軽「スバルR1」にスーパーチャージャー搭載の新グレード「S」が追加された。64psのパワフルなスポーティ軽の走りとは。


  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • スバルR2(CVT)【試乗記(後編)】 2003.12.20 試乗記 スバルR2(CVT)
    ……86.0〜140.0万円

    なつかしい名前を、斬新なデザインのニューモデルに与えたスバルの新型軽自動車「R2」。『webCG』コンテンツエディターのアオキが、3つのグレードに“ちょい乗り”した。


  • スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)【試乗記】 2005.2.24 試乗記 スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)
    ……137万5500円/150万450円

    「スバルR1」は、現代の軽規格を大きく下回るサイズで登場した。360cc時代の軽自動車で運転を覚えたという自動車ジャーナリストの笹目二朗が、「小ささ」の意味を考える。


ホームへ戻る