「ミニ・クラシック」、あと1000台で売り切れ!

2000.10.13 自動車ニュース
 
 
001013_028.gif

「ミニ・クラシック」、あと1000台で売り切れ!(10/13)

BMWジャパンは、「ミニ・クラシック」(現行ミニ)の国内在庫が1000台を切ったことを発表した。2000年内にも販売を終了する見通しだという。

現在購入可能な車種は、ベーシックモデル「ミニメイフェア」とスポーツモデル「ミニクーパー」、加えてそれぞれをベースとした限定車「40th アニバーサリー」。価格は178.9〜249.0万円だ。

1959年のデビュー以来、世界中のひとびとに愛されてきた“クルマ界のアイドル”。特に日本市場での人気は高く、1990年以降、世界の最多販売を記録している。

BMW主導で開発された新型モデルは、2002年早期に発売が予定されている。(web CG 有吉)

「ミニ・オンライン」サイト:
http://www.miniclassic.ne.jp/

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)【試乗記】 2017.7.31 試乗記 専用ボディーカラーや特別な内装をまとった、「ホンダS660」の特別仕様車「ブルーノレザーエディション」に試乗。その“大人向け”の魅力を堪能しつつ、オープンエアドライブの楽しさをあらためて確認した。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
ホームへ戻る