アウディ、「A6」にEPSなどの装備を追加

2000.10.13 自動車ニュース
 
 
001013_027.gif

アウディ、「A6」にEPSなどの装備を追加(10/13)

アウディジャパンは、アッパーミドルクラス「A6」のセダンとアバント(ステーションワゴン)を一部改良し、2000年10月10日から発売を開始した。

A6の2.4セダンを除く、全てのセダン/アバントに、アンチスピンデバイスたるEPS(エレクトリック・スタビリティ・プログラム)を標準装備した。さらに、2.8クワトロに自動防眩ミラー、自動防眩ドアミラー、後席シートヒーターを追加。また、アバントのルーフレール色をシルバーに変更した。

オプション内容も変更された。MMS(マルチメディアステーション=テレビ+ラジオ付ナビゲーションシステム)、サンルーフ、本革仕様といったオプションは、従来セットオプションのみの設定だったが、今回から個別の注文にも対応。選択の幅を広げた。

価格は、2.4クワトロが従来モデルの4万円高で、セダン/アバント=543.0/565.0万円。2.8クワトロが、同10万円高の610.0/632.0万円。(web CG 有吉)

 
 

関連キーワード:
A6A6アバントアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • ポルシェ911カレラT(RR/7MT)【レビュー】 2018.5.22 試乗記 徹底した軽量化やパワートレインの変更などにより、強烈なドライビングプレジャーを追求したという「ポルシェ911カレラT」。母国ドイツの道でむちを当ててみると、一段と凝縮された“911のよさ”を味わうことができた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • アウディA5カブリオレ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2018.6.11 試乗記 日本ではマイナーな存在だが、欧米のブランドでは長年にわたり大切にされてきた“4シーターオープン”というカテゴリー。「アウディA5カブリオレ」の試乗を通し、スポーツカーとは一線を画すその趣に触れた。
ホームへ戻る