スズキ、「Kei」をマイナーチェンジ

2000.10.16 自動車ニュース
 
 
001016_030.gif

スズキ、「Kei」をマイナーチェンジ(10/16)

ダイハツの激しい追い上げにあう「27年連続 軽自動車No.1」メーカー、スズキが、同社のスペシャルモデル「Kei」にマイナーチェンジを施し、2000年10月12日より販売を開始した。

Keiのグレードを、「E」「G」の2つに整理する一方、“シャコタン+エアロ”の「Keiスポーツ」を新たに設定。(ひとクラス上だけど)ダイハツYRVの人気沸騰で、どうやらいるらしいと分かった「若者スポーツ派」に照準を合わせる。

ノーマルモデルたるKeiは、マルチリフレクターヘッドランプを採用、新意匠のバンパーとあわせ、スッキリとした顔つきに。「スタイリッシュで上質感のあるスタイリングとした」(プレスリリース)という。

インテリアは、濃紺系のシート地、トリムに変更、「ドライバーを優雅にする、そんなコクピット」(カタログより)になったそうだ。

エンジンは、0.66リッターの「ツインカムNA」(55ps)と「SOHCターボ」(60ps)の2種類。いずれも5MT、4ATと組み合わされる。

「Keiスポーツ」は、前後左右にエアロパーツを装着、大径タイヤ(165/60R15)と専用アルミで足元をキメ、ローダウンサスでバッチリ15mm車高を落とした。車高を上げたり下げたり、自動車メーカーも大変である。

内装は黒基調のスポーティなもの。革巻きステアリングホイールの奥には、スピードメーターの隣にタコメーターが並ぶ。シートは、ランバーサポート付セミバケットタイプだ。

パワーソースは、「SOHCターボ」(60ps)と「ツインカムターボ」(64ps)の2種類。やはり5MTもしくは4ATが選択可能だ。

価格は、Kei「E」(89.8〜111.0万円)、「G」(99.3〜117.5万円)、Keiスポーツ「スポーツF」(112.3〜130.5万円)、「スポーツ」(120.3〜138.5万円)だ。(web CG アオキ)

スズキ「Kei」サイト:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/kei/index.htm

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
ホームへ戻る