VW、「ボーラ」に走りのV6+4WDモデルを追加

2000.10.17 自動車ニュース
 
 
001017_032.gif

VW、「ボーラ」に走りのV6+4WDモデルを追加(10/17)

フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は、ゴルフベースの4ドアセダン「ボーラ」に、V6エンジンと4WDシステム「4モーション」を搭載した上級モデル「ボーラV6 4モーション」を設定、2000年11月11日より販売を開始する。

新開発の2.8リッターV6エンジンは、最高出力204ps/6200rpm、最大トルク27.5kgm/3200rpmを発生。自動車型式指定制度上ではSOHCとなるが、吸排気バルブが各々専用のカムシャフトで駆動されるため、実質的にはDOHCだとVGJはいう。これに組み合わさるのは6段マニュアルトランスミッションだ。

「4モーション」には、スウェーデン、ハルテックス社のビスカスカップリングを採用。ABS、ESP(エレクトロニックスタビリティプログラム)、EDS(エレクトロニックディファレンシャルロックシステム)など、各電子制御システムと連動し、「高い走行安全性能を実現」(広報資料)した。

上級グレードたる装備として、ディスチャージドヘッドランプ、レカロ社製電動レザースポーツシート、スライディングルーフなどが備わった。価格は、365.0万円。

ボーラは、1998年10月のパリ・サロンでデビュー。昨年10月に日本で販売が開始され、これまで2リッター直4「ボーラ」(270.0万円)、2.3リッターV5「ボーラV5」(325.0万円)あわせて4250台が売れたという。(web CG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ボーラV6 4モーション(6MT)【ブリーフテスト】 2000.12.23 試乗記 ……365.0万円
    総合評価……★★★★




  • フォルクスワーゲン・ボーラV5(5AT)【ブリーフテスト】 2002.6.20 試乗記 ……325.0万円
    総合評価……★★★★




  • VW「ボーラ」特急インプレッション 1999.10.1 自動車ニュース フォルクスワーゲンジャパンが9月27日に発売したセダン「ボーラ」に試乗した。眼目はV型5気筒搭載モデルだ。VW「ボーラ」はゴルフとシャシーを共用する4ドアセダンで、日本には2リッター4気筒SOHCエンジン搭載の「2.0」(116ps/270.0万円)と、2.3リッターV型5気筒SOHCエンジン搭載の「V5」(150ps/325.0万円)が輸入される。従来設定されていたヴェントの後継車種にあたるが、輸入元では「ゴルフの4ドア版というより、やや上に位置する車種として設定したい」としている。先月アメリカにいったのですが、東海岸でも西海岸でもけっこう「ボーラ」が走ってました。アメリカでは「ジェッタ4」っていうんですよ。見たかんじは、顔つきはアグレッシブでいいですよね。とくに「V5」は外観の印象もスポーティですね。16インチホイールも装着しているし、けっこうボリューム感があってそれが押し出しを強くしているんですね。「2.0」と「V5」とを乗りくらべた印象でいうと、いいなあと思うのは「V5」ですね。新開発の5気筒エンジンは静かで、トルキーで、比較的コンパクトなボディには十分パワフルです。ATのセッティングもこのクルマ向きにうまく設定されていて、パワーバンドをきちんと使えます。試乗ではワインディングロードしか走っていないのですが、かなり好感をもてました。ゴルフGTIにも通じるよさがありますね。「ボーラ」のほうがシャシー剛性が高くて、前後の重量バランスも上手にとれていると感じました。コンパクトなエンジンのためにフロントヘビーという印象も少ないですね。GTIよりゆとりのあるかんじです。じゃあ、「2.0」がよくないかというと、こちらもけっこう好感がもてるんです。エンジンは最近ゴルフに搭載されたものと同じ2リッターSOHCですが、トルクのピックアップもよくて、加速感は「V5」に通じるものがあります。ただ気になるのは若干、吸気音がこもってウルサイことです。これだけはVWの悪しき伝統をひきずってるなあというかんじです。エンジンが軽いぶん、コーナーでの回頭性がよくなってますね。快適志向のタイヤのせいで、ステアリングホイールにタイヤの反力が伝わったりするのがやや気になりますが、乗り心地もいいし、コーナリングも安定しているし、どっちが好きかというと「V5」ですが、55万円の価格差を中心に考えると、「2.0」を選んでも後悔しませんよ。ゴルフより僕は好きですね。トランク広いし。松本英雄小川フミオ(NAVI編集部)
  • フォルクワーゲン、「ボーラ」発売 1999.9.30 自動車ニュース フォルクスワーゲンジャパンは、次世代プレミアムコンパクトセダン、「ボーラ」の発売を10月2日より開始する。ゴルフ?をベースにしたノッチバック4ドアセダンである「ボーラ」のデビューは、1998年10月のパリ・サロン。「ボーラ」とは“アドリア海を吹きぬける爽快で優雅な風”に由来しており、ゴルフ?との共用部分は80%に達するが、ゴルフより上級の全く新しいセグメントの車だとVWは主張する。エンジンのラインナップはゴルフ?と基本的に同じ。そのなかから、日本に導入されるモデルは、2リッターSOHCと2.3リッターV型5気筒の2種。いずれも、4ATが組み合わされる。特筆すべきは、2.3リッターV型5気筒エンジンで、ゴルフVR6用のV6・4バルブユニットから1気筒を取り去ったこのエンジンは、20.9kgmの最大トルクの90パーセントを2300〜5300rpmという広い実用回転域にわたって発生する。このフラットトルク特性によって、市街地から高速走行まで力強い走りを楽しむことができるという。ジェッタ、ベントの血を受け継ぐ「ボーラ」は当然のこととして、巨大なトランクルームをもっており、最大積載量は455リットル(VDA測定法)となる。ボディデザインで特筆すべきことは、全長(4375mm)×全幅(1735mm)×全高(1445mm)の比率であるとVWはいう。これはノッチバックとしては極めて短く、結果として力強さを表現することに成功したとVWは言う。ホイールベースは2515mm。内装は、プレミアムセダンにふさわしく、ウォールナットウッドパネル、革巻きステアリングホイール、革巻きハンドブレーキグリップ、さらにはウッドシフトノブなどの上質な素材が使われている。価格は全国統一で2リッターモデルの「ボーラ」が270万円、2.3リッターV5モデルの「ボーラV5」が325万円となる。ボディのかたまり感があって、いかにも剛性が高そうに見えるエクステリアは、派手さはないものの好感がもてます。試乗報告をお楽しみに。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る