VW、「ボーラ」に走りのV6+4WDモデルを追加

2000.10.17 自動車ニュース
 
 
001017_032.gif

VW、「ボーラ」に走りのV6+4WDモデルを追加(10/17)

フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は、ゴルフベースの4ドアセダン「ボーラ」に、V6エンジンと4WDシステム「4モーション」を搭載した上級モデル「ボーラV6 4モーション」を設定、2000年11月11日より販売を開始する。

新開発の2.8リッターV6エンジンは、最高出力204ps/6200rpm、最大トルク27.5kgm/3200rpmを発生。自動車型式指定制度上ではSOHCとなるが、吸排気バルブが各々専用のカムシャフトで駆動されるため、実質的にはDOHCだとVGJはいう。これに組み合わさるのは6段マニュアルトランスミッションだ。

「4モーション」には、スウェーデン、ハルテックス社のビスカスカップリングを採用。ABS、ESP(エレクトロニックスタビリティプログラム)、EDS(エレクトロニックディファレンシャルロックシステム)など、各電子制御システムと連動し、「高い走行安全性能を実現」(広報資料)した。

上級グレードたる装備として、ディスチャージドヘッドランプ、レカロ社製電動レザースポーツシート、スライディングルーフなどが備わった。価格は、365.0万円。

ボーラは、1998年10月のパリ・サロンでデビュー。昨年10月に日本で販売が開始され、これまで2リッター直4「ボーラ」(270.0万円)、2.3リッターV5「ボーラV5」(325.0万円)あわせて4250台が売れたという。(web CG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る