日産、「ウイングロード」を一部改良

2000.10.26 自動車ニュース
 
 
001026_055.gif

日産、「ウイングロード」を一部改良(10/26)

日産自動車は、「ウイングロード」を一部改良するとともに、新グレード、カスタマイズベース車、期間限定車をそれぞれ設定し、2000年10月24日から発売を開始した。

今回の改良では、仕様・装備の見直しと向上を図るとともに、グレード体系が見直された。

新しく加わった「Gエアロリミテッド」は、プライバシーガラス、フルオートエアコン、電動式リモコンカラードドアミラー、助手席バニティミラーなどを標準装備しながら、値ごろ感ある価格とした。
また、同じく新グレード「Xエアロ」は、ホワイトコンビネーションメーターなどを標準装備とし、内容を充実させた。
ベーシックシリーズには、「Gリミテッド」を追加。要望の強かったCDプレーヤー+AM/FM電子チューナーラジオ、フルオートエアコンなどを標準装備した。

また、カスタマイズベース車として仕様装備を簡素化し価格を抑え、自由にアフターパーツを選ぶことができる「Type-B」(149.8万円)も設定された。

価格は、ベーシックシリーズが1.5リッターリーンバーンエンジン搭載「1.5G」(5MT)の139.8万円から、1.8リッター「1.8ZX」(4AT)の200.6万円まで。
エアロシリーズが1.5リッターリーンバーン「1.5Gエアロリミテッド」(5MT)の154.8万円から、1.8リッター「1.8Xエアロ」(4AT)の205.0万円まで。

同時に、2001年3月末までの期間限定車として「Gエアロエクストラ」「Gエクストラ」も発売。仕様装備を向上させつつ、「大変お求め易い価格設定」(広報資料)とした。「1.5Gエクストラ」の132.9万円(2WD)から、「1.8Gエアロエクストラ」の171.1万円(4WD)まで。(web CG 有吉)

日産自動車「ウイングロード」サイト:
http://www.nissan.co.jp/WINGROAD/

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ウイングロードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ウイングロード(20) 2005.11.16 画像・写真 日産自動車は、コンパクトなステーションワゴン「ウイングロード」をフルモデルチェンジし、2005年11月14日に発売した。
  • 日産ウイングロード15RXエアロ(FF/CVT)/18RXエアロ(FF/CVT)【試乗記】 2005.12.6 試乗記 日産ウイングロード15RXエアロ(FF/CVT)/18RXエアロ(FF/CVT)
    ……230万3700円/250万3200円

    2005年11月14日、日産のコンパクトワゴン「ウイングロード」が3代目に進化した。若者が求める使えるワゴンとは?エアロパーツで飾ったスポーティモデルに試乗した。


  • 日産ステージアAR-X FOUR(4WD/5AT)【ブリーフテスト】 2004.12.17 試乗記 ……402万2550円
    総合評価……★★★★

    2004年8月にマイナーチェンジをし、ターボエンジンを捨てておとなしくなった印象の「日産ステージア」。その中でも異彩を放つ、ワイルドなクロスオーバーSUVタイプの「AR-X FOUR」に、自動車ジャーナリストの森口将之が乗った。


  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
ホームへ戻る