日産、「ウイングロード」を一部改良

2000.10.26 自動車ニュース
 
 
001026_055.gif

日産、「ウイングロード」を一部改良(10/26)

日産自動車は、「ウイングロード」を一部改良するとともに、新グレード、カスタマイズベース車、期間限定車をそれぞれ設定し、2000年10月24日から発売を開始した。

今回の改良では、仕様・装備の見直しと向上を図るとともに、グレード体系が見直された。

新しく加わった「Gエアロリミテッド」は、プライバシーガラス、フルオートエアコン、電動式リモコンカラードドアミラー、助手席バニティミラーなどを標準装備しながら、値ごろ感ある価格とした。
また、同じく新グレード「Xエアロ」は、ホワイトコンビネーションメーターなどを標準装備とし、内容を充実させた。
ベーシックシリーズには、「Gリミテッド」を追加。要望の強かったCDプレーヤー+AM/FM電子チューナーラジオ、フルオートエアコンなどを標準装備した。

また、カスタマイズベース車として仕様装備を簡素化し価格を抑え、自由にアフターパーツを選ぶことができる「Type-B」(149.8万円)も設定された。

価格は、ベーシックシリーズが1.5リッターリーンバーンエンジン搭載「1.5G」(5MT)の139.8万円から、1.8リッター「1.8ZX」(4AT)の200.6万円まで。
エアロシリーズが1.5リッターリーンバーン「1.5Gエアロリミテッド」(5MT)の154.8万円から、1.8リッター「1.8Xエアロ」(4AT)の205.0万円まで。

同時に、2001年3月末までの期間限定車として「Gエアロエクストラ」「Gエクストラ」も発売。仕様装備を向上させつつ、「大変お求め易い価格設定」(広報資料)とした。「1.5Gエクストラ」の132.9万円(2WD)から、「1.8Gエアロエクストラ」の171.1万円(4WD)まで。(web CG 有吉)

日産自動車「ウイングロード」サイト:
http://www.nissan.co.jp/WINGROAD/

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る