【スペック】全長×全幅×全高=4562×1909×1322mm/ホイールベース=2670mm/車重=1830kg/駆動方式=FR/4.3リッターV8DOHC32バルブ(490ps/7750rpm、51.5kgm/5000rpm)/価格=2480万円(テスト車=2977万8000円)

フェラーリ・カリフォルニア ハンドリング・スペチアーレ(FR/7AT)【試乗記】

別格のファンカー 2012.07.05 試乗記 フェラーリ・カリフォルニア ハンドリング・スペチアーレ(FR/7AT)
……2977万8000円

30kgの軽量化と30psのパワーアップをうたう、最新型の「フェラーリ・カリフォルニア」。その走りをよりダイナミックに演出する「ハンドリング・スペチアーレ」パッケージ装着モデルを試した。

プラス30、マイナス30

フロントエンジンのV8フェラーリ、「カリフォルニア」がバージョンアップした。デビューから3年を経ての最新型は、4.3リッター直噴V8の改良でプラス30psを得て、490psとなった。リトラクタブル・ハードトップの上屋を持つアルミスペースフレームは、剛性を落とさずに30kgの軽量化を図っている。つまり、プラス30psマイナス30kg。そんなにほしがるか!? って感じだが、一方でアイドリング・ストップを備えるなどして、約1割のCO2削減も達成している。

さらにオリジナルモデルのオーナーを切歯扼腕(せっしやくわん)させるのは、今回の試乗車、「ハンドリング・スペチアーレ」(以下HS)の登場だろう。磁性流体ダンパーや強化スプリングを採用し、新しいステアリング・ラックを備えるなどで、ハンドリング(操縦性能)をいっそうシャープにしたモデルである。

2009年1月のデビュー以来、カリフォルニアをガレージに収めたオーナーの7割以上は、これがファースト・フェラーリなのだという。走行距離の平均は、これまでのフェラーリオーナーの3割増し。カリフォルニアの2割は毎日乗られている。つまりデイリーユースのフェラーリとして使われているのがカリフォルニアということになるが、その手綱をここでもう一度グイッと引き寄せたのがHSである。

HSパッケージの価格は90万円。Oh! これなら買える、という気に思わずさせるが、本体込みだと2480万円だ。

「デイトナ・スタイル」のアルカンタラ・シートが、スポーティーなインテリアに華を添える。
「デイトナ・スタイル」のアルカンタラ・シートが、スポーティーなインテリアに華を添える。
新バージョンのV8直噴エンジンは、エグゾースト・マニフォールド形状の変更やエンジンマッピングの最適化などにより、出力で30ps、トルクで2.0kgmの向上を果たした。
新バージョンのV8直噴エンジンは、エグゾースト・マニフォールド形状の変更やエンジンマッピングの最適化などにより、出力で30ps、トルクで2.0kgmの向上を果たした。
「ハンドリング・スペチアーレ」パッケージは、強化スプリングや反応速度を従来の2倍に高めた磁性流体ダンパー、ギアレシオを従来比で9%早めたステアリング・ラックを採用する。
「ハンドリング・スペチアーレ」パッケージは、強化スプリングや反応速度を従来の2倍に高めた磁性流体ダンパー、ギアレシオを従来比で9%早めたステアリング・ラックを採用する。
日本仕様は20インチホイールを標準装備。黄色く塗られたブレーキキャリパー(12万5000円のオプション)が目を引く。
日本仕様は20インチホイールを標準装備。黄色く塗られたブレーキキャリパー(12万5000円のオプション)が目を引く。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カリフォルニアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フェラーリ・カリフォルニアT(FR/7AT)【試乗記】 2015.1.22 試乗記 フェラーリ久々のターボエンジン搭載車、「カリフォルニアT」に試乗。プライベートで「458イタリア」を駆る清水草一が、最新オープンモデルの仕上がりを報告する。
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.9 試乗記 エンジンを自然吸気からターボに改めた新時代のV8フェラーリ、「488」シリーズに「スパイダー」モデルが加わった。空を味方につけたミドシップフェラーリの実力やいかに? 東京を抜け出し、一路箱根のワインディングロードを目指した。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
ホームへ戻る