日産「プレサージュ」「バサラ」を一部改良

2000.11.06 自動車ニュース
 
 
001106_007.gif

日産「プレサージュ」「バサラ」を一部改良(11/6)

日産自動車は、ミニバン「プレサージュ」「バサラ」のグレード体系を見直し、2000年11月1日から販売を開始した。

両車に、最廉価グレード「スプレンド」を追加設定。プライバシーガラス、オゾンセーフオートエアコンや、AM/FMチューナー付カセット、リモコン式エントリーシステムなどを装備したのが特徴。価格は、「プレサージュCスプレンド」「バサラJスプレンド」ともに、2.4リッター直4モデルが199.8万円、2.5リッター直4ターボが224.8万円。

同時に、既存グレードを整理。戦線を縮小した。

価格は、プレサージュが2WDで199.8〜314.8万円、4WDで223.8〜331.3万円、バサラが2WDで199.8〜316.8万円、4WDで223.8〜318.3万円。

日産自動車「スプレンド」サイト:
http://www.nissan.co.jp/EVENT/0010/OTH/index.html

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る