BMW「5シリーズ」が一部改良

2000.11.07 自動車ニュース
 
 
001107_010.gif

BMW「5シリーズ」が一部改良(11/7)

BMWジャパンは、アッパーミドルサルーン「5シリーズ」を一部改良し、2000年11月11日から発売する。

最大の特徴は、「M54」と呼ばれる直6DOHCエンジンの採用だ。既に「330i」などで導入済みの3リッターユニットに加え、2.5リッターを投入する。従来型「M52」をベースに、性能の向上、日米欧の排出ガス規制への対応、自然なスロットルレスポンスの追求が図られた。2.5リッターは192ps/25.0kgm、3リッターは231ps/30.6kgmを発生する。

外装も変更された。新意匠のヘッドランプやリアコンビネーションランプ、スポーティモデル「M5」と同様のキドニーグリルなどが装備された。

新エンジン導入に伴い、一部グレードが変更。従来の528iは、排気量を3リッターに増加し、モデル名が530iとなった。セダン同様ワゴンも、528iツーリングにかわり530iツーリングが導入された。また、新モデルとして525iツーリングが加わった。

価格は、以下のとおり。(web CG 有吉)

525i 550.0万円
525i Hi-Line 618.0万円
525i M-Sport 580.0万円
530i 629.0万円
530i Hi-Line 697.0万円
530i M-Sport 659.0万円
540i Hi-Line 885.0万円
540i M-Sport 878.0万円

525iツーリング 578.0万円(新モデル)
525iツーリングHi-Line 639.0万円(新モデル)
530iツーリング 661.0万円
530iツーリングHi-Line 722.0万円

M5 1366.0万円

「BMWジャパン」サイト:
http://www.bmw.co.jp/

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • BMW 530dツーリング(FR/8AT)/520dツーリング(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.5.31 試乗記 1991年の誕生以来、これまでに100万台以上が販売されてきたという「BMW 5シリーズ ツーリング」。その最新モデル「G31」に、BMWのお膝元であるドイツ・バイエルンの地で試乗する機会を得た。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • BMW 523dツーリング ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.7.10 試乗記 誕生から4世代を数える「BMW 5シリーズ」のステーションワゴン、「5シリーズ ツーリング」の新型が日本に導入された。ディーゼルモデル「523d」の試乗を通してその実力を測るとともに、他の車型にはない“ワゴンならではの魅力”とは何かを考えた。
ホームへ戻る