トヨタ、「ハリアー」をマイナーチェンジ

2000.11.14 自動車ニュース
 
 
001114_018.gif

トヨタ、「ハリアー」をマイナーチェンジ(11/14)

トヨタ自動車は、街乗りSUV「ハリアー」をマイナーチェンジし、2000年11月13日から販売を開始した。

最大の特徴は、2.2リッター直4エンジンを、「エスティマ」に搭載している2.4リッターBEAMS「2AZ-FE」に変更した点。最高出力160ps/5600rpm、最大トルク22.5kgm/4000rpmとなり、2.2リッターと比較し、馬力で20ps、トルクで3kgm向上が図られた。なお、3リッターV6エンジン(220ps/31.0kgm)は従来どおりとなる。

そのほか、フロントグリルやリアコンビネーションランプ、ステアリングホイールなどの意匠変更、新内装色ブラックの採用、DVDボイスナビゲーションシステムの設定、燃料タンクの容量拡大などが行なわれた。

さらに、専用ユーロチューンドサスペンションを採用したスポーティモデル「iRバージョン」を、各グレードに新設定した。

価格は、2.4リッターの2WDモデルが244.5〜269.5万円、同4WDが268.5〜293.5万円、3リッターの2WDが269.5〜294.5万円、同4WDが293.5〜318.5万円(写真は旧モデル)。(web CG 有吉)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
  • 第425回:「壊れない日本車」はこうして生まれる
    「日産NV350キャラバン」の開発現場を取材
    2017.7.13 エディターから一言 ビジネスユースはもちろん、レジャーや趣味のお供としても高い支持を集める日産のワンボックスカー「NV350キャラバン」。同車の開発を担う日産車体への取材を通し、世界中で支持される「壊れない日本車」の秘密を知った。
  • トヨタが「ヴォクシー/ノア」をマイナーチェンジ 2017.7.3 自動車ニュース トヨタが2リッタークラスの箱型ミニバン「ヴォクシー」「ノア」をマイナーチェンジ。モデルごとの違いを際立たせる新しいエクステリアデザインを採用したほか、装備の強化や操縦安定性、快適性の改善も図っている。
ホームへ戻る