トヨタ、「ハリアー」をマイナーチェンジ

2000.11.14 自動車ニュース
 
 
001114_018.gif

トヨタ、「ハリアー」をマイナーチェンジ(11/14)

トヨタ自動車は、街乗りSUV「ハリアー」をマイナーチェンジし、2000年11月13日から販売を開始した。

最大の特徴は、2.2リッター直4エンジンを、「エスティマ」に搭載している2.4リッターBEAMS「2AZ-FE」に変更した点。最高出力160ps/5600rpm、最大トルク22.5kgm/4000rpmとなり、2.2リッターと比較し、馬力で20ps、トルクで3kgm向上が図られた。なお、3リッターV6エンジン(220ps/31.0kgm)は従来どおりとなる。

そのほか、フロントグリルやリアコンビネーションランプ、ステアリングホイールなどの意匠変更、新内装色ブラックの採用、DVDボイスナビゲーションシステムの設定、燃料タンクの容量拡大などが行なわれた。

さらに、専用ユーロチューンドサスペンションを採用したスポーティモデル「iRバージョン」を、各グレードに新設定した。

価格は、2.4リッターの2WDモデルが244.5〜269.5万円、同4WDが268.5〜293.5万円、3リッターの2WDが269.5〜294.5万円、同4WDが293.5〜318.5万円(写真は旧モデル)。(web CG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ハリアーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • トヨタ、TNGA第2弾となる小型SUV「C-HR」を発売 2016.12.14 自動車ニュース トヨタが新型コンパクトSUV「C-HR」を発売。パワーユニットは1.8リッターエンジンに電動モーターを組み合わせたハイブリッドと、1.2リッター直噴ターボエンジンの2種類。価格は251万6400円から290万5200円となっている。
ホームへ戻る