スズキ「ジムニー」が販売50万台を達成

2000.11.16 自動車ニュース
 
 
001116_021.gif

スズキ「ジムニー」が販売50万台を達成(11/16)

「27年連続 軽自動車No.1」メーカー、スズキは、同社のロングセラー軽ヨンク「ジムニー」が、累計販売台数50万台を達成したと発表した。

ジムニーは、軽自動車として初めての本格的4WD車として、1970年4月にデビュー。軽くてコンパクトなボディに大径タイヤを履かせ、360cc2サイクル2気筒エンジンを搭載した初代モデルは、高い走破性をもつクルマとして、レジャー用としてはもとより、「働くクルマ」としても人気を博した。86年には、4サイクルの3気筒、90年には660ccインタークーラーターボ車を発売するなど、性能を向上させ、92年には累計販売台数30万台を記録した。98年、新規格軽自動車としてフルモデルチェンジをうけ、現モデルに至っている。

海外市場でも、より排気量の大きいエンジン(800cc、1000cc、1300cc)を搭載して発売中。ジムニーワイドなど、「軽」以外のシリーズも合計すると、これまで198万台が販売されたという。(web CG 有吉)

スズキ「ジムニー」サイト:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/jimny/index.htm

 
 

関連キーワード:
ジムニースズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型軽「ホンダN-VAN」は3タイプのデザインで登場 2018.6.1 自動車ニュース 本田技研工業は2018年6月1日、同年夏に正式発表を予定している新型車「N-VAN」の概要を公開した。
  • トヨタ・カローラハッチバック プロトタイプ試乗会【試乗記】 2018.6.4 試乗記 「オーリス」に代わるニューモデルとして発売される、次期「トヨタ・カローラ」のハッチバック車に先行試乗。新世代プラットフォームを用いて開発された新型は、驚くほどの安定性や気持ちよさで“時代の変化”を実感させてくれた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • ホンダN-VAN 2018.6.1 画像・写真 本田技研工業は2018年6月1日、同年夏に正式発表を予定している新型軽商用車「N-VAN」のイメージを公開した。3タイプのデザインと全10色のボディーカラーで構成されるエクステリアを、写真で紹介する。
  • 間もなく発売となる新型「スバル・フォレスター」
    洗練化の陰で失われた“伝統の技術”とは!?
    2018.6.20 デイリーコラム スバルのクロスオーバーSUV「フォレスター」の新型が間もなく発売される。5代目となる新型ではクルマ全体の水準が大きく引き上げられた一方で、初代からの伝統であった象徴的な装備が失われていることをご存じだろうか? 自動車ライター、大音安弘が解説する。
ホームへ戻る