三菱、「ランサーセディアワゴン」を(やっと)発売

2000.11.17 自動車ニュース
 
 
001117_023.gif

三菱、「ランサーセディアワゴン」を(やっと)発売(11/17)

三菱自動車は、コンパクトセダン「ランサー」シリーズに、ステーションワゴン「ランサーセディアワゴン」を追加設定、2000年11月18日から発売する。

セダンのリアオーバーハングを55mm延長、全高を10mm高くし、「ゆとりの後席居住空間と、 十分な容量かつ積載性に優れるラゲッジスペースを実現した」(三菱)。荷室下には、35リッターの大型ラゲッジフロアボックス、 左右には、小物収納に便利な2リッターのサイドボックスを設定、利便性をあげたという。

エンジンは、1.8リッター直4 GDIのみ。トランスミッションもCVTだけだが、上級グレード「Touring」には、マニュアル操作可能なスポーツモード6-CVTが備わる。駆動方式は、前輪駆動と、ビスカスカップリング式のフルタイム4WDだ。

価格は、2WDが149.8〜189.8万円、4WDが169.8〜209.8万円。

当初は9月発売の予定だったが、三菱のリコール隠し騒動で、運輸省が懲罰的に型式認証作業を取り止めていたため、この時期にずれ込んだ。満を持して(ほとぼり冷めて?)登場した「セディアワゴン」。強敵カローラフィールダーや日産ウイングロードに対抗できるのか?(web CG 有吉)

 
 

関連キーワード:
ランサーセディアワゴン三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱ランサーセディアワゴン T-Touring & Rallyart Edition(4AT)【試乗記】 2001.6.7 試乗記 三菱ランサーセディアワゴンT-Touring /Rallyart Edition(4AT)
    ……189.8/209.8万円

    2000年11月の発表以来、月平均3100台(2001年4月まで)を売る好調ランサーセディアワゴン。2001年5月29日に、1.8リッターGDIターボモデル「T-Touring」が加わった。自動車ジャーナリスト、森 慶太が報告する。


  • 三菱ランサーセディアSE-R(CVT) vs 日産プリメーラセダン1.8Ci LセレクションNEO Di(CVT)【ライバル車はコレ】 2000.8.15 試乗記 豊富な内容を誇るweb CG 新車データベースのなかの人気企画「ライバル車はコレ」。web CG が選ぶ、三菱ランサーセディアのライバルは?


  • 三菱「ランサーセディア」にスポーティな特別仕様車 2002.6.3 自動車ニュース 三菱自動車は、「ランサーセディア」と「ランサーセディアワゴン」に、スポーティさを演出した特別仕様車「スポーツエディション」を設定、2002年5月29日に発売した。さらにランサーセディアに新グレードを追加し、同日販売を開始した。
  • 日産、「プリメーラ」をマイナーチェンジ 1998.9.2 自動車ニュース 日産自動車は「プリメーラ/プリメーラカミノ」のセダンとワゴンをマイナーチェンジし、9月1日より発売した。直噴ガソリンエンジンとHYPER CVT搭載が売りものだ。今回「プリメーラ/プリメーラカミノ」のために新開発されたのは1.8リッター直4DOHC「QG18DD」直噴ガソリンエンジンで、最高出力は130psだ。これに無段変速機「HYPER CVT」を組み合わせて、50パーセントの燃費向上と低中回転域でのトルクアップを実現したとしている。「QG18DD」直噴ガソリンエンジン搭載モデルはセダン「1.8Ci Lセレクション」と、ワゴン「1.8G」の2モデルとなっている。内外装の面ではリアコンビネーションランプの意匠が変更されたことをはじめ、セダンではリアフィニッシャーが新たに採用された。さらにアルミホイールのデザインが変更され、FWDではシート形状が新しくなり、小径3スポークステアリングホイールが新たに採用されたことなども特徴としてあげられる。安全面では衝撃吸収構造の「ゾーンボディ」が採用されたことに加え、ピンチガードが付いた耐水タイプのパワーウィンドウが全車に標準装備された。
ホームへ戻る