三菱、「ランサーセディアワゴン」を(やっと)発売

2000.11.17 自動車ニュース
 
 
001117_023.gif

三菱、「ランサーセディアワゴン」を(やっと)発売(11/17)

三菱自動車は、コンパクトセダン「ランサー」シリーズに、ステーションワゴン「ランサーセディアワゴン」を追加設定、2000年11月18日から発売する。

セダンのリアオーバーハングを55mm延長、全高を10mm高くし、「ゆとりの後席居住空間と、 十分な容量かつ積載性に優れるラゲッジスペースを実現した」(三菱)。荷室下には、35リッターの大型ラゲッジフロアボックス、 左右には、小物収納に便利な2リッターのサイドボックスを設定、利便性をあげたという。

エンジンは、1.8リッター直4 GDIのみ。トランスミッションもCVTだけだが、上級グレード「Touring」には、マニュアル操作可能なスポーツモード6-CVTが備わる。駆動方式は、前輪駆動と、ビスカスカップリング式のフルタイム4WDだ。

価格は、2WDが149.8〜189.8万円、4WDが169.8〜209.8万円。

当初は9月発売の予定だったが、三菱のリコール隠し騒動で、運輸省が懲罰的に型式認証作業を取り止めていたため、この時期にずれ込んだ。満を持して(ほとぼり冷めて?)登場した「セディアワゴン」。強敵カローラフィールダーや日産ウイングロードに対抗できるのか?(web CG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランサーセディアワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱ランサーセディアワゴン T-Touring & Rallyart Edition(4AT)【試乗記】 2001.6.7 試乗記 三菱ランサーセディアワゴンT-Touring /Rallyart Edition(4AT)
    ……189.8/209.8万円

    2000年11月の発表以来、月平均3100台(2001年4月まで)を売る好調ランサーセディアワゴン。2001年5月29日に、1.8リッターGDIターボモデル「T-Touring」が加わった。自動車ジャーナリスト、森 慶太が報告する。


  • 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)【試乗記】 2006.10.24 試乗記 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)
    ……230万4750円

    三菱のコンパクトカー「コルト」のスポーティグレードである「ラリーアート・バージョンR」MTモデルで、ホットハッチの鍛えられた走りを味わった。


  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 三菱「ランサーセディア」にスポーティな特別仕様車 2002.6.3 自動車ニュース 三菱自動車は、「ランサーセディア」と「ランサーセディアワゴン」に、スポーティさを演出した特別仕様車「スポーツエディション」を設定、2002年5月29日に発売した。さらにランサーセディアに新グレードを追加し、同日販売を開始した。
  • 三菱「ランサーセディア・セディアワゴン」を改良 2003.2.27 自動車ニュース 三菱自動車は、「ランサーセディア」「ランサーセディアワゴン」を大幅改良し、2003年2月26日から販売を開始した。
ホームへ戻る