ヤマハ、スクーター「アプリオ」に盗難抑止機構を採用

2000.11.20 自動車ニュース
001120_025.gif

ヤマハ、スクーター「アプリオ」に盗難抑止機構を採用(11/20)

ヤマハ発動機は、排気量50ccのスクーター「アプリオ」の2001年モデルを、2000年12月15日に発売する。

最大の特徴は、盗難抑止システム「ガードロック(Gロック)」を採用した点。ワンタッチ操作でキーホールのシャッターロックと、後輪ロックが可能。従来のハンドルロックと合わせて、3重のロック機構となり、盗難抑止が図られた。

そのほかの改良は、フロントのドラムブレーキを大径化(15mm拡大し110mm)し、「より良好なブレーキタッチを実現した」(広報資料)。また、49cc単気筒エンジンの低公害化を図り、ガソリン1リッターあたり60km(定地走行テスト値)の好燃費を実現するに至ったという。 価格は、14.4万円。(web CG 有吉)

ヤマハ発動機「アプリオ」サイト:
http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/aprio/index.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。