「ジープ」2001年モデルが発売

2000.11.20 自動車ニュース
001120_026.gif

「ジープ」2001年モデルが発売(11/20)

ダイムラークライスラー日本は、ジープ「ラングラー」「チェロキー」「グランドチェロキー」の2001年モデルを、2000年11月18日から発売した。

各車の変更点は以下のとおり。

■ラングラー
乗降性を高めるために、サイドステップを装着。さらに、ボディ色に新色(スポーツに5色、サハラに1色)を追加したほか、布製シートの採用(スポーツ)、ライトスイッチ付ウィンカーレバーの追加などがあげられる。
価格は、
スポーツソフトトップ(ハーフドア/5MT) 265.0万円
スポーツソフトトップ(ハーフドア/3AT) 270.0万円
スポーツソフトトップ(フルドア/5MT) 270.0万円
スポーツソフトトップ(フルドア/3AT) 275.0万円
サハラハードトップ(3AT) 310.0万円
となる。

■チェロキー
ボディ色に新色を設定した(スポーツ、リミテッドに各3色)。価格は、スポーツが299.5万円、リミテッドが350.0万円。

■グランドチェロキー
フロントグリルがボディ同色に変更され、新ボディ色が5色追加。くわえて、17インチアルミホイールが標準装備された。なお、従来モデルに装着されたスキッドプレート、ボディサイドピンストライプは廃止された。価格は、リミテッドが445.0万円。

なお、ラングラースポーツの納車時期は今年12月1日以降、グランドチェロキー・ラレードV8および同リミテッドV8の発売は、2001年春を予定しているという。(web CG 有吉)

「ジープ」サイト:
http://www.jeep-japan.com/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。