ホンダの人間型ロボット、名前は「ASIMO」

2000.11.21 自動車ニュース
001121_029.gif

ホンダの人間型ロボット、名前は「ASIMO」(11/21)

本田技研工業は20日、新しい人間型ロボット「ASIMO(Advanced Step in Innovative MObility、アシモ)」を発表した。

「ASIMO」は、1997年に発表したロボット「P3」を発展させたもので、二足歩行できるのが特徴。身長1.2m、体重43kgと、P3(1.6m/130kg)と比べ大幅にコンパクト化。大柄なP3が成人なら、ASIMOは子供のようなかわいらしさをもつ。

次の行動を予測し、あらかじめ重心を移動させる予測運動制御を備えた「i-WALK(Intelligent Real time Flexible Walking)」技術を採用。これにより、「自然で安定性の高い歩行ができる」のがジマンだ。操作は、パソコン端末、あるいは携帯コントローラをつかい、「自在歩行」および「身振り手振り」が可能。腕の稼動範囲は、P3の90度から105度まで拡がった。

1986年から歩行型ロボットの開発を進めてきたホンダ。「ASIMO」は、二輪、四輪の次に控える、自立歩行ロボットを中心とした新しいモビリティを提案している。

ひと目見てみたい方は、今月24日から26日まで、横浜市・パシフィコ横浜で開催される「ロボテックス2000」を訪れたし。(web CG 有吉)

本田技研工業「ASIMO」サイト:
http://www.honda.co.jp/ASIMO/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。