もうひとつの「カーオブザイヤー」もシビック

2000.11.22 自動車ニュース
 
 
001122_030.gif

もうひとつの「カーオブザイヤー」もシビック(11/22)

学識経験者や自動車ジャーナリストで構成するRJC(日本自動車研究者ジャーナリスト会議)は20日、今年の「RJCカーオブザイヤー」に本田技研工業の「シビック(写真)/シビックフェリオ」を選んだと発表した。

「新セダンのあり方を先取りしたボディー構造と操縦安定性、なめらかな走行性能」が高く評価されての受賞。シビックは、日本カーオブザイヤー(COTY)も獲得している。

なお、今年から新しく設けられた「RJCベストミニバン賞」は、マツダ「MPV」、輸入車部門は、フォルクスワーゲン「ポロ」、技術部門は日産「ブルーバードシルフィ」に搭載した1.8リッター「QG18DE」エンジンが選ばれた。(web CG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シビックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る